1:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 22:34:12.31 ID:onCs6L0B0
眠たくなるまでゆっくり書いていく 
暇な人は聞いていってくれ

↓おすすめ人気記事↓


旦那「お前、妊婦だからって何でもしてもらおうと思うなよ」私「...」→旦那がクズすぎて泣けてくる...

嫁「日曜日絶対家にいてね」嫁友「日曜日、遊びに行くね」俺(何が起こるんだ!?)→嫁の友達とウワキしてるんだが...

俺「最近してないね」妻「過去の出来事がトラウマになってる」俺「そっか...」←妻がとんでもない嘘ついてたwww

夫が○○○とウワキしてた→産婦人科「検査しましょう」帰宅すると、私「!?」夫『え・・あっ・・』→私「もう無駄だよ。警察にも連絡する」夫(真っ青)→トンデモナイ事に

俺「とうとう朝帰り?」汚嫁『フッwその顔みてると虫唾が走る』 → 弁護士「準備いい?」俺「おk」 → 全員に内容証明を発送した結果・・ → 後日、弁護士(絶句)

俺「すいません眼鏡弁償します!おいくらですか?」彼女「20万ちょっとくらい...」俺「...」←これが彼女と付き合うきっかけに...

俺「娘よ、お母さんがこんな事してたんだがどうする?」娘「うわぁ無理!顔も見たくない!」→嫁の正体を暴露した結果www

旦那「お前、妊婦だからって何でもしてもらおうと思うなよ」私「...」→旦那がクズすぎて泣けてくる...

俺「最近朝帰り多くない?何してるの?」妻『それは言わないし、聞かないで』俺「フリンだね」→妻『アンタが私を裏切った。この家族は崩壊だ』俺「え?あっ・・」→なんと

私『…馬鹿なヤツだ』→帰宅したら私の部屋は嵐の後のように酷い有様→警察に通報しつつ部屋に仕掛けてあったライブカメラを私は止めた→20分後、警察がやってきて…

嫁の携帯に間男のアッチの写真が数枚保存され通帳には万単位で引き落とし履歴が。俺(ふむ、)→間男『俺の会社に・・』嫁(号泣)弁護士に泣きつき・・→俺「ざまぁ」なんと

娘は実は托卵の子だった。俺『実は知ってたんだ…娘が20になったら打ち明けようか…本当の父親に会わせたいし』 → ある日、指導員「実は娘さんが…」俺『え?』 → なんと…

友人「これお前の嫁じゃない?(写真」俺「名前違うけど顔一緒だな」→嫁のSNSに疑惑の書き込みが...

新築した我が家で嫁が間男と行為してた。俺『防犯カメラに映ってる男誰?』嫁「さぁ」『不法侵入で警察届けるわ』→弁護士「」俺『!?』(地獄を味わってもらおう)→なんと


2:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 22:35:19.21 ID:LdG1TYAB0
どうぞ

3:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 22:37:54.50 ID:onCs6L0B0
俺と従姉妹は同い年で、小さい頃からよく一緒に遊んでた 

ただ、何歳の頃か知らないが 
俺が紙に自分の名前を平仮名で書いて、従姉妹に自慢したらしい 
それがウザくて従姉妹は俺が嫌いになったんだと 

それからは会うたびケンカしてた 

4:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 22:41:38.08 ID:onCs6L0B0
親同士が仲良くてよく家にいってたんだけど 
できるだけ顔を合わせないようにしてた 

二人で遊んで来いって言われたときは渋々一緒にいたけど 
悪口言って、ナグり合いして、変顔して、 
あまりに酷くて幼稚園に上がる頃には親同士も仲悪くなっていった 

6:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 22:47:11.44 ID:YU4CgF9C0
落ちは結婚とみた 
期待 

7:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 22:47:36.57 ID:onCs6L0B0
俺の通ってた小学校には合同遠足ってのがあって、他校と一緒に遠足に行くんだけど 
そこでもやっぱりケンカして、楽しみにしてた行事が台無しになった 

後、俺はお化けが怖くて、超ビビリだった 
従姉妹はそんな俺をからかうように髪を垂らして貞子のように脅かしてきた 
それで俺が慌てて逃げてこけて骨折った事もあった 

あ、年賀状だけはやけに仲良かったな 
「今年もよろしくね!(ピース」 
「また一緒に遊ぼうね!!」みたいに 

まあ小さい頃の思いではそんぐらい 

11:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 22:55:18.49 ID:onCs6L0B0
中学校は一緒だった 
まあ俺の住んでるところは田舎なんで、近くに中学校が一個しかなかったから当たり前っちゃ当たり前 


俺(うわー昼休みとか何したらいいんだろう緊張する…) 

従姉妹「アンタ!テスト何番だった!?」 

俺「…え、何で?」 

従姉妹「いいから、早く!!!!」 

この時が人生で一番怖かった、従姉妹は走ってきたのか息が切れてて、髪は山姥みたいにブワッと逆立ってた 

俺「…2」 

従姉妹「!……ふーん、やるじゃん」 

これが中学上がって初めて交わした従姉妹との会話だった 
後で聞くと従姉妹は1位だったらしい 
>>3で俺がやった自慢の仕返しをしたかったんだと 

12:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 22:59:09.62 ID:onCs6L0B0
1年は特に何も無く終わる 

ただ従姉妹はまだ俺の事が許せてなかったらしく、事あるごとに悪口、陰口を言っていたらしい 
そのせいで、1年の時の俺のクラスでの評価は最悪だった 

面と向かって悪口を言わない従姉妹が、俺は益々嫌いになった 

14:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:06:20.05 ID:onCs6L0B0
2年では、俺の後ろの席の野球部の奴に気に入られ 
はれてリア充のグループへと加入する事に成功 

ただ、弄られ約だったため常にだれかに弄られてた 

従姉妹はバレー部に入り、セッターという大役を担っていた 

この頃からお互い話をする事も会う事もなくなり、俺の従姉妹に対する嫌悪感も次第に無くなっていった 
単にどうでも良くなった感じ 
あれだけ嫌いだったのに、不思議だった 

15:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:06:50.09 ID:onCs6L0B0
遅筆ですまん 

16:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:07:23.43 ID:/CbelliB0
いいよー 

17:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:08:50.58 ID:YU4CgF9C0
デレ期まだー?? 

18:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:09:37.21 ID:4qwctkHj0
そろそろ脱いだ 

19:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:14:15.34 ID:onCs6L0B0
二年の終わり、俺に好きな人ができた 

その子は上品で、素直で、優しくて、ふわふわしてて、良く笑ってて、とにかく可愛かった 
頭がいいのに天然って所も俺のタイプだった 

外見は、今で言うと石原さとみと壇/蜜を足して2で割った感じ 

俺はどうにかして距離を縮めようとその子に積極的に話しかけた 
休み時間の度に会いに行って、帰りは一緒に帰って、とにかく必死だった 

当然、周りにはバレバレ、俺は否定していたが焼け石に水で 
俺がさとみを狙ってるっていうのはクラス全員が知っていたと思う 

20:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:15:15.12 ID:onCs6L0B0
>>16 
ありがとう 

>>17 
デレ期は……どうだろう 

>>18 
すまんがエ*イ話はないぞ 

22:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:20:06.87 ID:Ja+lxiCN0
簡単に結論書いて 

24:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:21:17.95 ID:onCs6L0B0
中二にとって他人の恋バナは大好物で、 
男子からは冷やかされ、女子からは好きなところを問い詰められる 
それが余りにもしつこすぎて、一度マジギレしたら俺だけ先生に怒られた 

しかし俺はめげずにアタックを続けた 

そのおかげで、3年の春には友達以上カップル未満のような関係にまでなっていた 
冷やかしも収まりつつあって、まあ幸せだった 

ただ俺はヘタレだから中々告白には漕ぎつけられなかった 

25:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:22:07.13 ID:onCs6L0B0
>>22 
従姉妹との思い出を語ってるだけだから、聞かなくてもいいよ 

26:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:30:12.85 ID:onCs6L0B0
そんな関係がずるずると続いていったある日、事件が起こる 

従姉妹の弟(当時小学校低学年)が足を悪くしたか何かで、車で2,3時間かかる病院で手術と入院をしなければならなくなった 
弟君はまだ小さいから、母親が付いていなければならない 
従姉妹は母子家庭で、そうなるとしばらくの間従姉妹は一人で過ごさなければならない 

流石にそれは心配だ、という事で従姉妹を俺の家で預かる事になった 

29:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:38:01.92 ID:onCs6L0B0
当時は、従姉妹はまだ俺を嫌ってるんだろうな、 
またケンカするかもしれないなー、とか思ってた 

けど、そんな事もなく、従姉妹は借りてきた猫のようになっていた 

俺が何を言ってもそっけない返事をしたり、家族の前で気を使ったような笑顔をみせたり 

俺はそんな従姉妹の事を可哀想に思い始めていた 

そこで、何とかしていつもの従姉妹を取り戻そうと必死で頑張った 

31:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:44:27.02 ID:onCs6L0B0
俺「なあwww」 

従姉妹「……ん」 

俺「ちょ、テレビ見てみ、あれめっちゃ面白いなwww」 

従姉妹「そうやな」 

俺「…そういえば、**と△△がこの間馬鹿みたいなことしてなwww」 

従姉妹「そうなん」 

俺「あ、お前この前テスト悪かっただろ、俺より順位下だったろざまぁwww」 

従姉妹「…うん、アホやな」 

俺「最近バレーの調子はどうなん?ミスばっかりじゃねえの?」 

従姉妹「………」 

俺「………お、俺コンビ二行って来るけど何か欲しい物あるか?」 

従姉妹「んーん、ない」 


俺の力ではこれが限界だった 

34:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:51:35.62 ID:cDNrWHvd0
くそ、寝ようとしてたのに 

35:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:54:20.49 ID:onCs6L0B0
これが三日目くらい、この後も同じような事を延々と繰り返して 
従姉妹が来てから丁度一週間が経った日、弟君に会いに行った 

病院に着くまでの2〜3時間、従姉妹は車の中でずっと俯いてた 

俺はその間も騒ぎまくっていたが、効果は無かった 

病院に着いて、弟君に会った瞬間従姉妹は元気になった 
弟君は「何でねーちゃんこんな嬉しそうなん?」みたいな顔でぽけーっとしていた 

手術はもう終わってるらしく、一週間入院の後帰れると言われた 
従姉妹はずっとニコニコしてて、面会の間弟君から離れることは無かった 

36:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:54:54.40 ID:onCs6L0B0
>>34 
寝た方がいいと思う 

37:名も無き被検体774号+ 2014/01/05(日) 23:58:58.80 ID:onCs6L0B0
それから帰りの車でも家でも、従姉妹はニコニコしてた 

俺は「何コイツ…何この表情…」みたいな複雑な気持ちになっていた 
俺があれほど頑張っても効果はゼロだったのに、従姉妹の弟君好きは異常だ、と思っていた 

ちなみに、俺が嫌われてるだけ、という考え方は全くしなかった 

38:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 00:02:32.73 ID:T2UryqKr0
おいおい7時起きだぜ… 
寝れないじゃないか 

39:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 00:05:27.65 ID:onCs6L0B0
一方学校では、俺が浮気した、という噂が広まっていた 

あれだけ必死にアタックしたさとみを放っといて 
従姉妹と登下校したり、休み時間も従姉妹を励ましに行ったり 
今考えれば浮気と言われて当然だと思う 

けど、俺の頭の中には従姉妹を笑わす、という事しかなくて 
さとみとかもうどうでも良かった 

40:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 00:10:07.97 ID:ySVmJicJ0
会話も少し弾むようになった 

俺「おいまた面白いテレビあるぞwww」 

従姉妹「あ、ホンマやな」 

俺「あ、この前の話なんやけどな、**っておるだろ?アイツがな――」 

従姉妹「何でそんな必死なん?」 

俺「は?別に必死ちゃうし意味解らんし」 

従姉妹「嘘w、めっちゃ必死やしw」 

俺「ううう、うっさい!」 

従姉妹「www」 

みたいに、徐々に笑顔が増えていくのが嬉しかった 

41:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 00:12:13.26 ID:ySVmJicJ0
ごめんもう練る 

>>38も早く寝るべし 

42:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 00:15:33.34 ID:W57jy3+h0
近い歳で近い場所に従姉妹がいるっていいな 
俺は歳も場所も結構離れてるからなんかそういうの羨ましいよ 

47:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 01:36:14.81 ID:hGuBKtFoP
続き気になる 
明日よろしく 

48:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 01:40:39.43 ID:r7JyNW9O0
続きを楽しみにしてるわ 

59:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:00:55.39 ID:ySVmJicJ0
じゃあ今からまた眠たくなるまで、ぼちぼち書いて行く 

60:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:02:52.63 ID:/7VjeyH20
結婚式まだー? 

61:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:06:46.80 ID:ySVmJicJ0
自虐ネタでも、わざとらしいミスでも、 
従姉妹が笑ってくれればなんでも良かった 
別に自分がどう思われようと気にしてなかったのは、さとみの時と真逆だった 

62:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:07:19.14 ID:ySVmJicJ0
>>60 
言っちゃうけど結婚式しない 

63:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:08:39.01 ID:ySVmJicJ0
話しかける→笑う→嬉しくなる→また話しかける 

このパターンを繰り返すだけの日々が続いて 
とうとう弟君が退院する日がやってきた 

俺はその事を頭では解ってたんだけど、どうしても実感が湧かなかった 

いつも通りの時間を過ごして、夜に従姉妹のお母さんが迎えに来て 
そのまま何事もなく従姉妹は帰ってしまった 

俺は笑顔で見送ったけど、やっぱり寂しかった 

後、母さんにニヤニヤされるのも鬱陶しかった 


その日、風呂の中で本気で悩んだ 

何でこんなに寂しいんだ、たった二週間程度だったのに 
それに学校へ行けば普通に会えるし、きっとまた話す事もできる 
でも寂しい 

こんな事を延々と考えてた 



これ今考えると確実に惚れてるな、何故この時そう考えなかったのか不思議だ

64:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:11:06.13 ID:ySVmJicJ0
次の日学校へ行って、それとなく従姉妹の様子をうかがってみた 

寂しそうにしてたり、元気が無くなってたりするのを期待してたのかもしれない 
けどそんな事もなく、以前の明るい従姉妹に戻っていた 

それはそうか、家族が居なかったからあんな風になってたんだし 
もう落ち込む理由が無いもんな、と何故かガッカリした 

話しかけようかとも思ったけど 
今までのように従姉妹を励ます、という大義名分も使えないし 
特に話す事も無かったんで諦めた 

65:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:16:12.74 ID:ySVmJicJ0
教室に戻ると皆から従姉妹の事諦めたのか、お前結局どっちが好きなんだ 
という風な事を問いただされた 

俺はちょっと悩んで「別にどっちも好きじゃねーし」と強がった 

俺の中ではベストな答えだったんだけど、皆はそう思ってくれなくて 

俺=好きでもないのに女をたぶらかすチャラい奴 

というイメージを持たれた 

かなりショックだった 

67:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:19:18.82 ID:ySVmJicJ0
それからさとみとも従姉妹とも話さず(話せず)、 
引退も近かった事もあり部活にのみ気を向けた 

ちなみに部活は卓球 

1年からコツコツ努力していたおかげでそこそこ強かったし、 
副部長にもなっていた 

最後の大会、3年間の総決算の場で 
俺は県で個人ベスト16、団体3位になって、優秀選手賞も貰えた 

一見従姉妹には関係無い事のように思えるけど、このおかげで 
夏休み中に従姉妹家でパーティーが行われる事になった 

もちろん名目は俺のお祝いと従姉妹を預かったお礼、というものだ 

69:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:23:35.75 ID:ySVmJicJ0
俺はそれを母さんから告げられた時そっけない態度をとっていたけど、内心滅茶苦茶はしゃいでた 
楽しみで楽しみで、早くその日が来い、と小学生のような事を思っていた 

そして当日の夜、パーティーが始まった 

パーティーといってもお洒落なものじゃなく、ただ焼肉と花火をするだけだったけど 
それでも久しぶりに従姉妹と話せて嬉しかった 

焼肉は何事も無く終わって、あ、弟君は跳ねた油で焼けどしてたけど 

その後もただ他愛ない話をしながら花火をするだけで、 
従姉妹と距離が急接近するのを期待していた俺は 
あー楽しいけどこんなもんかー、とか思ってた 

それで噴出し花火っていうのかな、手に持つ一般的なやつ 
あれが無くなって、線香花火をする事になった 

俺は線香花火があんまり好きじゃないから、一人で石積んで遊んでたんだけど 
そこに従姉妹がやってきた 

71:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:27:53.93 ID:ySVmJicJ0
従姉妹は、二個の線香花火とライターを持っていた 
「弟君は?」と聞くと、「あっちでお母さんと遊んでる」と言われ 
俺は心の中でガッツポーズを決めた 

二人きりで線香花火、という最高のシチュエーションだったけど 
いや、むしろそのせいか、俺は空回りして滑り倒し、挙句の果てに無言という最悪の結果になった 

気まずい空気の中、喋りだしたのは従姉妹だった 

従姉妹「なあ」 

俺「!…ん?」 

72:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:32:26.48 ID:ySVmJicJ0
従姉妹「………」 

俺「………どうした?」 

従姉妹「いや、何か言うの恥かしいなー、と思って」 

俺「…めっちゃ気になるんやけど」 

従姉妹「………」 

俺はこの時絶対告白だと思った 
自意識過剰かもしれないけど、それ以外考えられなかった 

74:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:35:07.37 ID:ySVmJicJ0
従姉妹「…な」 

俺「ん?」 

従姉妹「ありがとうな!」 

俺「?は…?」 

従姉妹「だって優アタシの事励ましてくれたし、いっつも話しかけてきてくれたし」 

俺「あ、おお…」 

従姉妹「あのおかげで大分楽になったんで、ありがとうってこと」 

俺「ああ、別にいいけど…」 

75:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:35:41.27 ID:GDN0joFr0
「だった」ってことは何らかのケリがついたんだろうな。 

76:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:37:48.67 ID:ySVmJicJ0
従姉妹「でも流石に必死すぎやな、アタシが無視したらめっちゃ落ち込むしw」 

俺「!え、お前アレわざとだったんかよ!」 

従姉妹「いやゴメンゴメン、辛かったのはホントやけど、アンタが面白くてついw」 

俺「お前マジか…」 

従姉妹「あはは、でも嬉しかったよ、ありがとう」 



俺は告白を期待してただけに少しガッカリしたけど、まあこれでもいいか、と思った 

次の従姉妹の言葉は衝撃的だった 

77:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:38:19.82 ID:ySVmJicJ0
>>75 
ケジメ…どうだろう、付けるつもり 

80:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:41:41.08 ID:ySVmJicJ0
従姉妹「なあ、アンタさとみの事好きなんだろ?」 

俺「!え、いや別に」 

従姉妹「アタシが協力してあげようか!」 

俺「は?」 

従姉妹「あの子もバレー部やし、アタシ等めっちゃ仲いいけんな」 

俺「へーそうなんか、でも」 

従姉妹「あの子めっちゃ可愛いよなー、好きになるのも解るわ」 

従姉妹「…あー、でも、何かゴメンな」 

俺「…え、何が?」 

正直ここらでイライラしてたけど、聞くことにした 

81:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:43:47.96 ID:ySVmJicJ0
痛い足つった 

82:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:47:06.92 ID:ySVmJicJ0
従姉妹「いやアタシのせいでなー、あの子と話し辛くなっとるけん…」 

俺「は?そんな事気にせんでええし、それより」 

従姉妹「いや気にするって!アタシに任して」 

従姉妹「っていうかアンタ元々仲良かったけん、普通にいけると思うよ?」 

俺「ああそうなん、でもちょっと聞けよ」 

従姉妹「?…どしたん?」 

俺「俺別にさとみの事好きじゃないし、どうでもいいって皆にも言っとる」 

83:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:47:10.55 ID:YrcXt61H0
>>81 
思い出してオ/ナヌでもしながら書き込んでたのか? 

84:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:48:05.73 ID:ySVmJicJ0
>>83 
何か普通にコタツ入って書いてたらパンって 

85:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:50:58.50 ID:ySVmJicJ0
従姉妹「嘘やな、アンタあれだけ必死に話しかけとったし、登下校も一緒だったし」 

俺「…それで俺がさとみの事好きっていうなら、その次にもう一人、俺に同じ事された奴おるだろ」 

従姉妹「え………あ、いや、アタシは落ち込んどったけんだろ?」 

俺「………まあ、最初は」 

従姉妹「え?最初はって…」 

俺「………」 


ここで告白しなきゃならない、それは解ってたんだけど 
どうしても好きって言えなかった 

この時ほど自分のヘタレさを恨んだ事は無い 

そのまま時間だけが過ぎていって、母さんが呼びに来て 
パーティーは終わった 

86:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:52:58.30 ID:GDN0joFr0
いとこで愛しあうとかは全然否定しないんだが、別れた時つらくね? 
親戚だから一生会わないなんてことはできないし。 

87:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:55:40.37 ID:ySVmJicJ0
急だけど中学時代はこれでお仕舞い 

あとは気まずい関係のまま、何も無く中学卒業 
卒業する時さとみに告白されたけど、断った 


簡単に俺と従姉妹が行った高校を説明する 

俺の行った高校、近所の工業高校で就職率100%という脅威の数字を誇る 
部活もそれなりに強く、熱い青春を送れるのが魅力 
けどヤンキーが多く生徒は男がほとんど、1学年に一人女子がいるかいないかくらいのレベル 
先輩には逆らうな、がルールだった 

88:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:56:33.32 ID:ySVmJicJ0
>>86 
一生会わない事は無いけど、結構会わないもんだよ 
何年かに一回とか 

89:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:58:33.05 ID:GDN0joFr0
>>88 
そうか。 

俺は親戚づきあいが濃いからな。 
年に2度は会うよ。 

90:名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:59:54.71 ID:ySVmJicJ0
従姉妹とさとみが行った高校、有名な進学校で、頭の良い奴はほとんどがここへ行く 
男女比は4:6くらい、爽やかで健全な高校 


クラスメートや先生は俺が工業高校へ行く事を驚いてたけど、止めはされなかった 

ちなみに俺の高校と従姉妹の高校は車で30分ほどの距離 
今は近く思えるけど、自転車しか交通手段が無かった当時はとても遠く感じたし 
それ以前に従姉妹に彼氏ができたらどうしよう…ととても不安だった 

91:名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 00:00:25.33 ID:ySVmJicJ0
>>89 
それはそれはとてつもなく羨ましい 

92:名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 00:02:25.89 ID:ySVmJicJ0
1年のとき、その学校の雰囲気に馴染むことに集中、特に先輩に目をつけられないようにした 
勉強は元々出来たこともあって上位をキープ、部活はもちろん卓球部で、どうしても先輩とプレイしたかったから必死でレギュラーになった 

2年のとき、特になし、交友関係もそれなりで、部活も県予選を突破し四国大会へ 

3年の春、俺はある人物と再会する 

93:名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 00:05:17.47 ID:ySVmJicJ0
>>92 
高校時代 

94:名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 00:05:55.99 ID:ySVmJicJ0
3年になって、何故か俺は読書にはまっていた 
元々本を読むのは好きだったけど、この時期が一番ハイペースで読んでと思う 

図書館には部活が無い休日に、一週間毎に通っていた 

その図書館でいつものように気になる本を探していると、急に声をかけられた 

「あ、俺君…覚えとる?」 

95:名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 00:08:19.07 ID:a/SrL6Rt0
俺「………あー、えーっと、さとみ?」 

さとみ「うん!覚えとってくれたん?久しぶりやなぁ!」 

さとみだった 
さとみも友達とよく図書館へ来ていたそうで、たまたま俺を見かけたから声をかけたらしい 
さとみの友達は皆美人だった 

当の本人も相変わらず美人で、天然で、小さかった 
そして超意外なんだけど彼氏はいない、とのこと 

工業高校選んだのを心底後悔した 

96:名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 00:09:00.83 ID:a/SrL6Rt0
従姉妹の事を聞いたら、あまり仲良くないからしらないって言われた 
詳しく聞くと、高校へ入り話す事も少なくなり、お互い別々の友達ができたとか 
少しショックだったけど、まあそれはそれでいいか、と思った 


それから二人で近況を教えあって、また会うかもなって言って別れた 

それからはよくさとみと会うようになって 
その度お互いの友達がどうだとか部活が上手くいってるかとか話してた

続きはこちら(記事が反映されてない時はしばらく待って再度探してみてください。)
俺「好き、多分」従姉妹「え?誰が?誰を?」俺「俺が、お前を!」→従姉妹に告白した結果!!【2/4】

 



管理人オキニの面白記事(*・ω・)ノ
新築した我が家で嫁が間男と行為してた。俺『防犯カメラに映ってる男誰?』嫁「さぁ」『不法侵入で警察届けるわ』→弁護士「」俺『!?』(地獄を味わってもらおう)→なんと

ICレコーダーの記録。嫁「この子が貴方の子だったらな、でも仕方ないね」ウワキ男「うまくやれよ、バレたら会えなくなる」→俺は復讐を開始した

職場不倫してたプリだけど鬼彼とホテル出たら奥さん待ち伏せしてて…私はビンタされ髪引っ張られ罵倒され…奥さんは鬼彼を連れて帰って行った

歓迎会を開いてもらった。二次会前、同僚「今日は朝までになりそうだねぇ。大丈夫?」私『大丈夫です』 → 終了後、手を引かれて同僚と部屋に行ったら..

【復讐】仲の良いA子に急に…強カン犯にされ、クラス中が信じた結果…俺はゴミクズ以下の扱いになり、逆に人気者になるA子。

キッチンにビデオカメラを設置すると、夫と知らない女が新婚遊びに励む光景が映った

家庭円満だけど…子どもが通う幼稚園のシングルパパと浮気してしまった。すごい罪悪感から涙が出そうで今朝は旦那の目を見れなかった

気分悪いし、動揺してるしその場で吐いちまったよwその隙に間は湯船から逃走。10才も下の大学生家に連れ込んでんじゃねえよwとりあえず間の人生..

【黒い過去】不妊の原因が旦那にあると発覚した。当時私は33歳で子どもが欲しかったので義兄と妊活して出産した

電車で。クソ女『ずっと触ってきたでしょ!』俺「は?ずっと両手上げてたよ!」クソ女2『ニヤニヤ』駅員『ちょっと来て』俺(終わった…) → 結果…

披露宴で。新婦『みんなの前で新郎に聞いて欲しい事がある』新郎「?」私(嫌な予感…)新婦『』新郎、周り「!!」 → トンデモナイ事を暴露しだし…

嫁が女子会に行くと言ったので尾行したら間男とホテルに入るのを目撃。嫁帰宅して「浮気してもいいよ!必ず報告してね」と言ったら嫁「…」

4年前に嫁に浮気されて下の子どもは托卵だった。間男はママ友の旦那…俺はショックと怒りで自殺未遂して入院。間男は追い込んで消息不明。今は再構築中です

子供の進路について嫁と話し合ってたら言い争いになった。嫁「貴方の子じゃないのに偉そうにしないで!」 俺「・・・え?・・・は?」

デート中に男が襲ってきた。押さえ込んで警察に通報したら、男「違う!違うだろ!」 俺「えっ」

旦那に内緒で高級店で働いて月100万以上稼いでます。もう贅沢がやめられない。稼ぎの少ない旦那にも相手にされない主婦よりマシですよ

【修羅場】半休を取って帰宅したら、婚約者が間男と行為してた。気が動転してた俺は婚約者&間男の服や鞄などを持ち出して、すぐに間男の会社に凸した→その結果ww

【マジ修羅場】旦那の出張中に電球が切れてチカチカ→「うっとうしいから換えよう」身長150センチの私がそう思い立ったのが、運命の分かれ道でした→予想外の展開&修羅場第2幕へ!

職場の飲み会に行った嫁が朝帰りした。俺「どこで何してた?」嫁「同僚男に誘われて…」→結果・・・

父親の不倫を発見。不倫デートの待ち合わせ場所に偶然を装って「わ~お父さんだ~偶然だねーその人誰?」女は凄い顔してたwwデートに同行。母と伯母に連絡してやったw

昼から嫁が間男と真っ最中!俺「離婚だ!」間男『潰してやるからかかってこいや!』俺(カチーン) → 間男『オラ!後ろの人は誰だ!ww』弁護士「こんにちは」 → 結果…

【後悔】18日~19日にかけて避妊なしで旦那と行為し、19日の夕方に浮気相手と56付きで行為したら妊娠。病院『排卵日は19日辺り』私(どっちの子か分からない(;′Д`)ノぇー)→その後...

大雪で電車止まって職場の宿直室に泊まって管理会社のおじさんとお酒飲んで勢いで浮気しちゃった。朝起きたら別のおじさんが隣で寝てたwww

小学4年生から育てている妻の連れ子が結婚する事になったが、嫁からとんでもなく理不尽な事を言われ唖然!こんな事で怒る俺がおかしいのか!?

【復讐】婚約者が友人とウワキ。慰謝料払ったからまた仲良くしよーぜ?wと言うので両タマ潰してやったわw

彼氏の知人『ゼミの後輩が襲われていたので助けたのに、お礼は菓子折りだけ。一回デートやキスくらいあってもいいんじゃない?』私「えっ」 → トンデモナイ事実が…

園児が発熱したので父親の会社に連絡。保育士「子どもが高熱を出してるので・・」上司「え?あっ・・」→すると、父親『会社の人達にフリンしてる事がバレた!』保育士「え」→

披露宴会場で。乱入男「〇〇、〇〇はどこにいるんだ!」会場『…』乱入男「…え?」係員『その方の式は昨日です』乱入男「えっ!?」→結果…

夫が入院。帰宅した私『違和感…家に誰か入った…?』→私『家帰った?』夫「帰ってないよ」私『え?夫君じゃないなら、Kサツに言うよ?』夫「言えば?」→結果・・・

【衝撃】実家のトイレで嘔吐する兄嫁に『オメデタですか?』と聞いたら突然青ざめた → 数日後、遭遇した兄に『兄嫁さんオメデタだって!』と話したら…

友人の結婚相手が元カレだった。私(あの男には会いたくない…理由も言えないし、式は欠席しよう)→ 友人「裏切り者!絶交だ!」その後…

【黒い過去】私は毎日旦那が仕事に持っていく水筒の中に精神科で貰った銀春3錠を粉々に砕いて入れた。 誰かが巻き込まれる可能性も高いのにその時はそんな事少しも考えつかなかった

替え玉受験で大学に入学したことよりも、その後の方が黒かった

パスポートを作りに行くと、職員『私さんだけ個室で話があります』私(なんだ)→職員『前にもパスポート作ってるでしょ?全部調べは済んでんだよ!』私「え?」→衝撃だった

従兄嫁の不倫が原因で離婚した従兄を慰めるために家に出入りしてたら、従兄元嫁に襲われて…首が限界以上に曲げられて耳の近くでビキビキ音が…

【衝撃】高校時、1人暮らしをしてオートロックを過信してたら…帰宅すると違和感があった。そのまま家を出て警察と一緒に戻ると…。

義実家に泊まりに行った時、私の下着がなくなることがあった。私(義弟君だろうな・・・下着にトラップ仕掛けたろwww)→トラップが炙り出したのはまさかの犯人だった・・・

新郎「妻が式場に来たんですか?」 私「今週の水曜日にきましたよ」 新郎「妻はずっと入院しているのですが・・・」 私「え?」

チャラい後輩に大学のサークルの飲み会の席で、自慢そうに女とやってる写メとムービーを見せられた。映っていたのは俺の彼女だったw 彼女は後輩に完全に心も体も奪われてた!

婚約中の彼女が突然失踪し、見つかったのは間男宅。しかも俺の金、数百万持ってw 持ち逃げは犯罪だと言うと、慰謝料代わりだとw 慰謝料を払うのはお前のほうだ!バカタレ