88: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 21:11:31.40 
うちの再構築、語ってもいい? 
スレチ? 

89: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 21:14:30.68 
いいよ
↓おすすめ人気記事↓
ニヤニヤしながらトメが『これが嫁の正体よ!』とテレビをポチッ。そこには隠し撮りされた私の姿が映し出され・・ → 夫「嫁子、すまん。母さん、絶縁しよう(土下座」トメ『え?』

フリン相手と交際して4年。俺「ようやく離婚できる!だから結婚しよう!」フリン相手「実は…」 → 想定外過ぎて頭が混乱してる。 フリンの代償ってすごいのな…

間男と予約した旅館にお泊り。翌朝、私『チェックアウトお願いします^^』次の瞬間、私『え?』フロントに旦那が張り込みしてた→旦那「さようなら。お前だけを制裁する」結果…

私「そろそろ家を買いたい」夫『絶対嫌。むしろ年内に離婚する』私「え?」→不安になり、夫の給与口座から全額おろしてきた→子供達「この穴何・・?」今になってトンデモナイ事に

俺「妻が行方不明です!」警察「昨日今日の話ではねぇ…」→1週間後、妻が遺体で見つかった。犯人は…

お泊りセットを取りに家に戻ると同棲中の彼氏と私母が行為してた。母『紹介するつもりだったの』私『はあぁぁぁ?!?!?!いつから?』母親『3年になるかな』←あれ?

仕事のストレス解消のために深夜の公園で遊んでたら、警官に遭遇。ネチネチ職質された。警官「いい大人が何してるんだ。頭いかれてんのか?(勝手に鞄を開け)」→そこへ・・・

友人「私の兄だよ」友人兄「よろしく」私「(長身イケメンだ!)」→交際を始めて1ヶ月後、衝撃の事実が発覚・・・

上司「得意先と飲むからお前も来い」私『わかりました』→気づいたら入れ替わりで上司と得意先と寝てた事が発覚→私(号泣)上司「なら…」→後日…

嫁の不倫疑惑。そして興信所の調査結果とスレ住人の判定はともに『シロ』 俺「まじか…」→しかし事態は急展開

夫「お前に女を感じない。抱けない」私「浮気してもいいの?」夫「相手してくれる男がいるならどうぞw」→浮気した結果・・・

私「会議中のAさんに電話を繋いで下さい。出産中の奥さんの容態が悪いそうです」本社女「会議中なので電話は繋げません」私「はぁぁ?タヒにそうだって言ってるのっ!」

別れた元嫁が無修正ビデオに出演していた、その末路

旦那にWフリンがバレた→私(彼への報復がすごすぎて引く…っていうか怖い…)旦那「2度目は許さないからね^^」私「わ、わかった」

90: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 21:21:04.23 
ありがとう 
記念書き込み 


書き溜めて無いから遅くなります 

91: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 21:30:46.29 
俺と嫁は小学校からの同級生。 
中学から付き合い始めて、大学卒業後の23歳で結婚。 
それまでお互い恋愛経験は1人だけ、異性の体はお互いしか知らない。 

子供は無し。当時はお互い働いていたが、嫁親が病気に長いこと入院おり、 
治療費がかなり必要だったので余裕はなく、子供は30までには作ろうと 
なっていた。 

92: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 21:45:32.84 
26歳のときに嫁母がなくなった。 
俺のことも可愛がってくれていたし、大好きな母親だった。 

母親が亡くなるまで嫁は気丈に頑張っていた。 
毎日遅くまで母親の看病をしていて、仕事や家事もしっかりこなしていた。 
こっちが心配になるほど頑張っていた。 

そんな嫁だったが、母親が亡くなるひと月まえくらいから夜帰ってくるのが遅くなる日が多くなった。 
「今日は看護婦さんから少し遅くまでいていいよって言われたんだ。だからお母さんと長く話しちゃった。遅くなってごめんね」 
という言い訳が一番多かった。 
「友達のA子にお母さんの病気のこと相談してて遅くなっちゃった。」 
「仕事が溜まっちゃってて明日までに終わらせなきゃいけないから、今日は会社に泊まるね」 
そんなこんなで一ヶ月のうち半分以上はうちにいなかったり外泊したり。 
でも俺はバカだから全く疑っていなかった。 
お母さんもだいぶ調子が悪くなってきてるし、嫁も何かを感じて少しでもお母さんと長くいようとしているんだろう。 
看病、仕事、家事の毎日だからたまには友達と羽を伸ばしたいときもあるだろう。 
そんな風に思っていた。 
でも違っていた。 
嫁は男とあっていた。 

93: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 22:12:07.10 
相手は医療関係者。 
医者じゃない。でも仕事の関係で医療関係に詳しい。 
きっかけは嫁がやっていたSNSだった。 
嫁母の病気は遺伝が絡む白血病だった。嫁はSNSで医療関係者の集まりに参加し、病気に関する情報収集をしていた。 
そこで出会ったらしい。 

94: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 22:29:30.35 
実は俺は全然気付いていなかった。 
嫁は男と会うからと言って化粧が濃くなるわけでもなく、派手になるわけでもなく。 
実に見事に欺かれていた。 


嫁母が亡くなり、悲しみにくれる暇もなく葬儀や親戚対応に追われていた。 
「嫁子は唇噛みながら泣きたいの堪えてるんだからあんたが支えてあげなさい。」俺の母親に言われた。 


嫁母の初七日も終わって暫くしてから、嫁と俺は有休を取って旅行に行った。 
長かった看病の毎日、この一ヶ月はよる遅くまでの看病と仕事、少し体を休めようということで温泉に行った。 
美味いものを食べ、久しぶりに一緒に酒を飲み、ほろ酔いになってどちらからともなく求めあって行為した。 
細くなった嫁の指を見て、苦労したんだなと思った。 

「あのね、私、言わなきゃいけないことがある。私、浮気をした」 
こいつ何言ってるんだろうと思った。悪い冗談だなと思った。 
でも嫁は真剣な目で首を横に振った。 
「本当です。私は浮気をしました。相手とはもう会っていません。あなたが知りたいことには全て答えます。隠すつもりはありません。」 

95: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 22:49:08.09 
しえん

96: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 22:59:14.44 
一晩話し合った結果、嫁は自分がやったことの罰は受けるつもりだ、離婚を考えるなら応じる、私に慰謝料を請求するなら分割になるが払う。 
相手に慰謝料を請求するなら、相手の奥様にも私への慰謝料を請求して欲しい。と言った。 

「で、お前はどうしたいの?」俺がそう聞くと、泣きそうなのを我慢しながら 
「許してくれるなら、そばに置いて欲しい」 

俺は何にも考えられなくなって、少し頭を整理してから答えるとだけ伝えた。 

正直嫁は誰もが振り返るような美人じゃない。 
ぱっと見は地味。でもよくよく見ると、あれ?結構可愛いのかも?そんな感じ。 
好きで好きでたまらなくて結婚した、というより、長いこと一緒にいて安心できるし、俺に一途だからまさか浮気なんてしないだろうし、こいつの初めてもらっちゃったから責任取るかなぁ、というかんじで結婚した。 
もちろん好きなんだけど、どちらかと言うと俺の方が恋愛バランスは上、そんな気持ちでいた。 
だから嫁の浮気は許せなかった。 
一週間後、俺の両親の前で離婚届を書き、嫁とは正式に離婚した。 
貯金は半分に分けた。 
俺は相手の男に慰謝料を請求した。相手の奥さんは嫁に慰謝料を請求した。嫁は貯金を全て使ってそれを払った。 
相手の間男はこれまでに何度も浮気をしており、離婚した。 
嫁は実家に戻った。俺もアパートを引き払い引越しをした。これで嫁とは完全に他人になった。 

97: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 23:07:55.01 
それから、情けないことに俺はいろんなことがどうでも良くなった。 
理由もなく涙が出たりした。嫁が俺を裏切って浮気をしていた、あいつは許さない、あいつのせいで俺の人生はめちゃくちゃだ、、、本気でこんなことを考えていた。 
仕事に行くのも面倒になって仕事をやめた。 
営業の仕事をしていたので身だしなみには結構気を使っていたがどうでも良くなっていた。 
服はヨレヨレ、髭は伸びっぱなし、タラタラ街を徘徊してコンビニで弁当買って家に引きこもった。 
いいや、もう。どうなっても。 

98: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 23:12:08.56 
実家とも疎遠になった。 
親に悲しい顔をされるのが辛かった。 
そんな生活を2年続けた。貯金がそこをついて、久しぶりに会った親に無心した。 
100万を現金で渡されるかわりに、親子の縁を切られた。今思えば当たり前だと思う。どんだけ弱いガキだったんだか。 

99: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 23:21:08.09 
一度身についた自堕落な生活はなかなか抜けきれなくて、それから半年くらいは同じような生活を続けた。 
そろそろ金が無くなる。 
もう親には頼れないよな。あぁ、書くの忘れてたけど、ほんの数人を除いてツレとも連絡をたっていた。 
だから頼るツレもいない。 
死んじゃうか?そんなことも考えたけど、死ぬほどの勇気もないヘタレ。 
死ねず、ひきこもることもできないなら働くしかない。 

100: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 23:25:58.50 
支援 

101: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 23:47:25.75 
だから就職活動をした。 
2年半のブランクがあってなかなか苦戦したけど、前職が営業ということもあって就職先は確保できた。 
住宅の営業。初めての業界で学ぶことも多く、入社してからは必死に仕事した。 
自堕落な生活のおかげで前の仕事のときに来ていたスーツが入らない。 
スーツや靴、カバンを買い揃える金がもう残ってなかったので借金をした。 

それから仕事にも慣れ、契約もそれなりに取れるようになった。 
就職してから2年ちょっとたっていた。 
離婚してから5年。 

嫁はどうしているんだろう?気になるようになった。 
もう再婚して幸せになっているかな?そんな事を思うようになり、あるとき仕事の合間に嫁の実家のそばまでやってきた。 
声をかけたりするつもりはなかったし、どうこうしたい気持ちもなかった。 
ただただ気になっただけ、そんな言い訳をしていたと思う。 

嫁の実家のあった場所には新しい建物がたっていた。 
ゆっくり家の前を通ってみると、全く知らない標札の名前、庭で子供と一緒に土いじりをしている女性。 
嫁じゃない。全く別の人。 
嫁はこの土地を売って何処か行ってしまったんだろう。 
なんでかわからないけど、車の中で大泣きした。 

それから縁を切られた俺の実家に寄ってみた。 
呼び鈴を押すと、随分と痩せてしまった父親が出てきた。 
俺は父に謝罪をして、今はしっかり働いていることを伝えた。 
父は「そうか。わかった。母さんにも伝えておく」と言った。 
「母さんは?出かけてる?」俺が聞くと父は少し考えてから「上がりなさい」と言った。 

母親は癌を患って入院していると父から聞かされた。 
「なんで知らせてくれなかった?」 
「お前とは縁を切ったから」冷たく言われた。また泣いてしまった。 

102: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/03(木) 23:58:41.35 
入院している病院に向かった。 
縁を切られて以来、母に会った。でも母はほとんど眠っていた。 
母の横には、母の世話をしてくれている嫁がいた。 


なんでお前がここにいるのか? 
どのつら下げて俺の親の近くにいるのか? 
バカな俺は嫁に突っかかっていた。 
で、父にひっさしぶりになぐられた。 

嫁は離婚した後、何かと俺の実家に顔を出していたらしい。親の話し相手になったり、食事の世話をしていた。 
俺が金の無心をして親に縁を切られたあの日も家の中にいた。俺が帰った後、父母と三人で泣いたと父が教えてくれた。 

嫁は一人では広すぎると実家を売って、俺の実家と母の入院先の病院との中間でアパートを借りて一人で暮らしていた。 
何かあると母の面倒をみたり、父の話し相手になっていた。 

「あなたとはダメになってしまったけど、あなたのお父さんやお母さんは大好きだから。」それが理由だった。 

103: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 00:03:44.65 
多分治療費などの金銭的な援助もしていたと思う。 
今でも嫁は絶対に認めないが、その後父が亡くなるときに教えてくれた。 
「嫁子を泣かしたら、お父さんがお前を殺しに行くから」 
父がまだ意識ある頃に俺の耳元で言った言葉。頭が上がらない。 

104: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 00:24:23.57 
それから俺も母に会いに病院に通った。 
当然嫁とも顔を合わせるが、あまり会話はしないようにしていた。 
忘れることができていた浮気の件を思い出してしまうから。 
嫁もそれを感じたのか会釈をする程度だった。 


それから数カ月で母は息を引き取った。 
父は声をあげて泣いていた。 
嫁も唇を噛みながら声を押し殺して泣いていた。 
そういえばこいつって、いつもこんな泣き方だったな、そんなことを思ってた。 

葬儀が終わって遠くから来ていた親戚たちがホテルに戻り、セレモニーホールで三人になったとときに父が打ち明けた。 
「お父さんな。胃癌なんだ。もう長くない。」 
俺も嫁もパニック。 
そんな中、父は嫁子に俺を許してやって欲しい、この馬鹿息子と復縁をして欲しい、私はもう孫を見ることはできそうに無いけど、可能性があるなら病気とも戦うつもりだ、そう言った。 
結果的に言うと、この時の父のカミングアウトは半分正しく半分は嘘だった。 
胃癌であるかどうかはまだわかっていなかった。 
ただ体調が悪く、食欲がない、体力が急激になくなり体も痩せてしまっていた。 
後に本当に胃癌との診断が出ることになる。 

「お父さんは疲れたので一度家にかえって横になる。二人でしっかり話し合ってくれ。」 
父はそう言ってタクシーで帰って行った。 

105: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 00:27:20.87 
不倫した嫁を受け入れ続けたご両親が偉いな 

106: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 00:39:28.53 
「…おまえ、どうするの?」 
ずっと嫁が黙っていて、思い空気に耐えられなくなって聞いた。 
「あなたは私を許せるの?」 
「そんなの、わかんないよ…」 
そんなやり取りをしていた。結局話し合いにはならず、俺は眠った。 
嫁は母の顔を覗き込んで何か話しかけていた。 

ドタバタした母の葬儀も一通り終わり、俺は自宅に戻った。 

「もう一度、やり直そう」 
自信がなくて言えなかった 

107: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 00:54:26.53 
それから時折父に会いに実家に行くようになった。 
嫁とはどうなったかを聞かれたが、そんなに簡単には進まない、彼女にだっていい人がいるかもしれない、そんなようなことを話した。 

嫁は俺と離婚した後にすぐ、父母に会いに来た。 
俺さんを裏切りました。 
もう合わせる顔がありません。母が残してくれた土地を売って違う所に行こうと思うます。 
私が全て悪く、俺さんには何も落ち度はありません。 
そんなことを言いに来た。 
母さんは嫁子さんを娘のように可愛がっていたからな、いつでも遊びに来なさいと言って責めなかったよ。父が教えてくれた。 


それからは嫁と会うこともなく、更に1年を浪費した。 
父が体調を崩し検査を受けた結果、胃癌だった。隠れているたちの悪いものだったらしく、治療の効果は期待できないと言われた。 

108: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 01:15:04.77 
携帯がなった。知らない番号からだった。 
「嫁子です」嫁からだった。 

「お父さんのこと、聞きました。今日会えませんか?」 
俺は少し躊躇したけど、仕事終わってから会うことにした。 

「お母さんの時のように、お父さんのお世話をしたいです。お願いします」 
「あ、いや、それはこっちからお願いしたいくらいで。そんな頭を下げないで。お父さんもお前が来てくれたら嬉しいから。こちらこそお願いします。」 
そんな会話をした。 
嫁の要件は本の数分で終わった。その後は会話がなく、少し気まずかった。 
「じゃあ、もう帰ろっか」 
居た堪れなくなって切り出した。 
「あの、もう一つ話があるんです。」 
「ん?何?」多分あの話なんだけど。 
「あの、言いにくいことを言いますね。お父さんの言ってたことをしてあげたい。 
形だけでいいです。私と復縁する形にしてくれませんか? 
私と一緒にいると嫌なことを思い出すでしょうし、あなたには辛いことかもしれません。 
でもお願いします。私をそばに置いてくれませんか?」 

109: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 01:20:49.73 
結果的に俺は実家に戻ることになった。 
母の面倒を見れなかった後ろめたさもあった。 
そして嫁も同居した。 
部屋は余ってたし、形だけ、ということで、父にその日が来るまで、嫁と復縁することになった。 

父は喜んでいた。 
孫は期待できそうにないなぁと言っていたからばれていたんだろうけど。 

そんな父はあっという間に亡くなった。 
胃癌の進行は凄まじかった。 
日に日に痩せて、動けなくなって、話せなくなって、痛みの中苦しんで亡くなった。 
嫁は大声をあげて泣いた。そんな泣き方するなんて知らなかった。 

110: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 01:41:02.76 
父の葬儀が終わって気持ちもだいぶん落ち着いた。 

嫁は焦燥していた。 
だから、父が亡くなっても嫁との同居については解消しなかった。 

「私、そろそろ出て行かないといけないね」 
嫁と二人でTVをみながら夕ご飯を食べている時に、嫁がつぶやいた。 
あ、ついにきたか…俺は正直そう思った。 
「そう?そんなに急がなくてもいいよ。ほら、お前のアパートだってもう解約しちゃってるんだし。」 
「でも、お父さんの最後を看取らせてもらっただけでもあなたに感謝しなきゃいけないのに、それ以上のわがまま言えないよ。」 
「うん。でもそれは気にしなくていいよ。俺一人だったら潰れてたと思うし。お前がいてくれて本当に感謝してる。ありがとう、嫁。」 
久しぶりに名前で呼んだ。 
「嫁?ありがとう。母さんと父さんを看取ってくれて。喜んでるよ、向こうで。娘のそばで旅立てて、幸せな最後だったよ」 

嫁は涙をポタポタこぼしてた。 
「もう少し、ここにいてくれる?親の形見も受け取って欲しい。気が向いた時に出て行けばいいから、もう少しだけ、そばにいてくれる?」 
そう言ったら嫁、顔をくちゃくちゃにして泣いてた。 
「俺くん!ごめんね、ごめんね。私、馬鹿だったよね。俺くんやお父さんお母さん悲しませて。本当ごめんね。私お父さんに孫を見せてあげたかったよ!」 

111: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 02:08:38.82 
まだ〜? 

113: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 02:12:08.55 
相当長くなってしまった。 
この何年もかかったことを思い出しながら、省略しつつ書いても長い。 
そろそろ終わる。 


その日、嫁が俺のベットに入ってきた。 
「ねぇ、俺くん。私のこと、汚いって思う?私のこと、抱ける?」 
「んー。やって見ないとわかんない。試してみる?」 
でもダメだった。 
俺が勃たなかった。 
「へぇ…意外と精神的ダメージって残るもんなんだね」 
そんなこと言ったら嫁がごめんなさいを連発して泣いてしまった。 
「汚いとか思わないよ。気持ち的には今あなたを犯してしまいたいくらい。求めてる。だからもうちょっと待ってね」 

そんなこんなで二人してはだかで抱き合って寝た。 
行為はできなかったけどちちはもみくちゃにしてやった。 


それから何日かして、嫁とはきっちり話し合いをした。 
・お互い再構築する方がいいのか、憎しみ合わない今の現状で別れる方がいいのか 
・嫁の浮気についてはもう許せる。でもまだフラバがある。この先どれだけ引きずるかわからない。 
それから俺は就職する際に作った借金が残っていた。 
無職の状態で借りたから、やややばそうな所から。 
アホだったと思う。 
それと 
父の治療費の一部を会社の組合から借りていた。この借金をなくすこと。 
嫁は土地を売ったお金があるからそれは私が払うと言ってくれたが、母の治療にもお金を使わせていたのでそれは断った。 
借金を返しながら一緒に貯金もして、お互いがお互いを思いあえる関係が作れるようになったらこれからのことを考えようということになった 

115: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 03:02:10.46 
借金は案外、簡単に終わった。でも、精神的な方が曲者だった。 
何度か抱こうとしたが無理だった。 
嫁は嫁で「ごめんね、傷、深いよね」って泣くし、俺は俺で自分がヘタレすぎて自己嫌悪。 
でも、傷はいずれは癒えるもんで。再構築を決めてから初めて嫁と繋がった時の嫁の泣き顔が愛おしい。 
それでも3年くらいかかってしまったけど。 

俺は10年もかかってしまった。 
これは嫁の10年を奪ってしまったことになる。女性の大切な10年、なんてむごいことをしたんだろう。 

昨年の12月にプロポーズした。 
「嫁、もう一度俺を夫にしてください。」 
「俺くん、今度は夫だけではなくて父親にもなってくださいね」 
一瞬子供ができたのかと喜んだけど違ってた。早く子供欲しいっていう嫁の気持ちの表れなんだろうね。 

今年の2月に入籍。式はあげなかった。代わりに父母のお墓に報告しに行った。 

今度こそは浮気させないような良い夫になろうと思う。 
結果、浮気はむごい。された方には深い傷が残る。 
でも、そんな傷でも二人でケアすれば癒えるんだなってじっかんした。 


長くなりました。 
支援くださった方、読んでくださった方、ありがとうございました。 
それから由紀へ。今度は幸せにすると誓います。 

お目汚し失礼しました。 

116: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 03:57:03.13 
シタがここまで誠心誠意尽くしてくれたら、私も水に流せるかも。 

117: 名無しさんといつまでも一緒 2014/07/04(金) 05:29:13.12 
お疲れさま。新しい家族が増えるといいな。お幸せに! 

管理人オキニの面白記事(*・ω・)ノ
帰宅すると、妻と間男がお風呂に入っていた。無意識に間男を4/5ほどボコる→警察突入。容赦ない制裁だが心の傷は残ったまま...

ICレコーダーの記録。嫁「この子が貴方の子だったらな、でも仕方ないね」ウワキ男「うまくやれよ、バレたら会えなくなる」→俺は復讐を開始した

職場不倫してたプリだけど鬼彼とホテル出たら奥さん待ち伏せしてて…私はビンタされ髪引っ張られ罵倒され…奥さんは鬼彼を連れて帰って行った

嫁さんと食事に来てたら元彼と遭遇してしまった

【復讐】仲の良いA子に急に…強カン犯にされ、クラス中が信じた結果…俺はゴミクズ以下の扱いになり、逆に人気者になるA子。

婚約者の行為直後の画像が送られてきた

家庭円満だけど…子どもが通う幼稚園のシングルパパと浮気してしまった。すごい罪悪感から涙が出そうで今朝は旦那の目を見れなかった

【修羅場】傷だらけの女の子を発見。俺「救急車とか警察とか…」女の子「それだけは!」俺「(うーん…)カツ丼つくれますか?」結果…

【黒い過去】不妊の原因が旦那にあると発覚した。当時私は33歳で子どもが欲しかったので義兄と妊活して出産した

電車で。クソ女『ずっと触ってきたでしょ!』俺「は?ずっと両手上げてたよ!」クソ女2『ニヤニヤ』駅員『ちょっと来て』俺(終わった…) → 結果…

披露宴で。新婦『みんなの前で新郎に聞いて欲しい事がある』新郎「?」私(嫌な予感…)新婦『』新郎、周り「!!」 → トンデモナイ事を暴露しだし…

嫁が女子会に行くと言ったので尾行したら間男とホテルに入るのを目撃。嫁帰宅して「浮気してもいいよ!必ず報告してね」と言ったら嫁「…」

【黒い過去】昔、バイト先の売上金を横領しまくっていた。私(お堅い国家公務員の旦那に話してみようかな~)すると・・・

16歳から28歳まで893の愛人をしていて、上の子供は彼の子供であるだろう事が私の黒い過去。そして更にそれよりも黒い私の真実は…

【黒い過去】母の再婚相手に襲われかけた。私(もうダメだ…母に話そう)→ 母「虚言癖?カウンセリングに行こう」私「……」

旦那に内緒で高級店で働いて月100万以上稼いでます。もう贅沢がやめられない。稼ぎの少ない旦那にも相手にされない主婦よりマシですよ

【修羅場】半休を取って帰宅したら、婚約者が間男と行為してた。気が動転してた俺は婚約者&間男の服や鞄などを持ち出して、すぐに間男の会社に凸した→その結果ww

【マジ修羅場】旦那の出張中に電球が切れてチカチカ→「うっとうしいから換えよう」身長150センチの私がそう思い立ったのが、運命の分かれ道でした→予想外の展開&修羅場第2幕へ!

【閲注】あちこちで悪さしてた問題児が、行方不明になった。数日後・・・

父親の不倫を発見。不倫デートの待ち合わせ場所に偶然を装って「わ~お父さんだ~偶然だねーその人誰?」女は凄い顔してたwwデートに同行。母と伯母に連絡してやったw

【閲覧注意】尊敬していた姉が、夜になると私の部屋に忍び込んできた。姉『騒いだらボールペンで目を刺すよ』私「…」 → すると姉は私に…

【後悔】18日~19日にかけて避妊なしで旦那と行為し、19日の夕方に浮気相手と56付きで行為したら妊娠。病院『排卵日は19日辺り』私(どっちの子か分からない(;′Д`)ノぇー)→その後...

大雪で電車止まって職場の宿直室に泊まって管理会社のおじさんとお酒飲んで勢いで浮気しちゃった。朝起きたら別のおじさんが隣で寝てたwww

小学4年生から育てている妻の連れ子が結婚する事になったが、嫁からとんでもなく理不尽な事を言われ唖然!こんな事で怒る俺がおかしいのか!?

【復讐】婚約者が友人とウワキ。慰謝料払ったからまた仲良くしよーぜ?wと言うので両タマ潰してやったわw

【衝撃】高校生のころ、友達のお父さんと関係をもってしまったことがある。友達が出掛けている間に家を訪ねて、お父さんを誘惑・・・

【最終報告あり】嫁「離婚して。私は兄の介護をする」嫁兄は重度障碍者で、タヒんだ嫁母がずっと介護してた。でも、俺は嫁を愛してるんだ。どうすれば?→続々と嫁母の嘘が…毒親だよ

披露宴会場で。乱入男「〇〇、〇〇はどこにいるんだ!」会場『…』乱入男「…え?」係員『その方の式は昨日です』乱入男「えっ!?」→結果…

不倫で妊娠した人いますか? ①41歳で21歳の毒男の子妊娠 ②主人には許してもらいました ③彼と一緒に病院に行ってきた ④子どもは欲しいので産んじゃおうかな…

【衝撃】実家のトイレで嘔吐する兄嫁に『オメデタですか?』と聞いたら突然青ざめた → 数日後、遭遇した兄に『兄嫁さんオメデタだって!』と話したら…

友人の結婚相手が元カレだった。私(あの男には会いたくない…理由も言えないし、式は欠席しよう)→ 友人「裏切り者!絶交だ!」その後…

【黒い過去】私は毎日旦那が仕事に持っていく水筒の中に精神科で貰った銀春3錠を粉々に砕いて入れた。 誰かが巻き込まれる可能性も高いのにその時はそんな事少しも考えつかなかった

替え玉受験で大学に入学したことよりも、その後の方が黒かった

パスポートを作りに行くと、職員『私さんだけ個室で話があります』私(なんだ)→職員『前にもパスポート作ってるでしょ?全部調べは済んでんだよ!』私「え?」→衝撃だった

従兄嫁の不倫が原因で離婚した従兄を慰めるために家に出入りしてたら、従兄元嫁に襲われて…首が限界以上に曲げられて耳の近くでビキビキ音が…

【衝撃】高校時、1人暮らしをしてオートロックを過信してたら…帰宅すると違和感があった。そのまま家を出て警察と一緒に戻ると…。

【フルボッコ】義実家は医者家系で私は三男嫁(医師)。最近、相続の話があって長男家が9割以上継ぐ事になった。医師でもなく三流大学出身の長男嫁が利益を得られる事に虚しくなったorz

私は姉の子だった。二十歳の誕生日に泣きながら真実を告げられたが信じられなかった。でも今更だし仲良く4人で暮らしてる

お互い断わる前提のお見合いだったが、お互いにその理由を告げた結果…