511: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 13:46:14.91 
仕事から帰宅すると、妻は食事の支度をととのえていた。 
僕は彼女の手をにぎり「話があるんだ」と切り出した。 
妻は何も言わず席についた。その目は苦痛に満ちていた。 
↓おすすめ人気記事↓
ニヤニヤしながらトメが『これが嫁の正体よ!』とテレビをポチッ。そこには隠し撮りされた私の姿が映し出され・・ → 夫「嫁子、すまん。母さん、絶縁しよう(土下座」トメ『え?』

フリン相手と交際して4年。俺「ようやく離婚できる!だから結婚しよう!」フリン相手「実は…」 → 想定外過ぎて頭が混乱してる。 フリンの代償ってすごいのな…

【黒い過去】結婚式の最終打ち合わせで義父と2人きりになった。私『心配ないってぇ。良い嫁演じてあげるぅ。だから感謝なさ〜い』義父『(lll゚Д゚)ノ顔面蒼白』→なんと義父は...

私「そろそろ家を買いたい」夫『絶対嫌。むしろ年内に離婚する』私「え?」→不安になり、夫の給与口座から全額おろしてきた→子供達「この穴何・・?」今になってトンデモナイ事に

俺「妻が行方不明です!」警察「昨日今日の話ではねぇ…」→1週間後、妻が遺体で見つかった。犯人は…

お泊りセットを取りに家に戻ると同棲中の彼氏と私母が行為してた。母『紹介するつもりだったの』私『はあぁぁぁ?!?!?!いつから?』母親『3年になるかな』←あれ?

仕事のストレス解消のために深夜の公園で遊んでたら、警官に遭遇。ネチネチ職質された。警官「いい大人が何してるんだ。頭いかれてんのか?(勝手に鞄を開け)」→そこへ・・・

友人「私の兄だよ」友人兄「よろしく」私「(長身イケメンだ!)」→交際を始めて1ヶ月後、衝撃の事実が発覚・・・

【黒い過去】ずっと狙っていた親友の彼氏とデキ婚→私(かわいい息子に恵まれた!けど…友人たちが見たら一発でバレちゃうなあ)

嫁の不倫疑惑。そして興信所の調査結果とスレ住人の判定はともに『シロ』 俺「まじか…」→しかし事態は急展開

夫「お前に女を感じない。抱けない」私「浮気してもいいの?」夫「相手してくれる男がいるならどうぞw」→浮気した結果・・・

私「会議中のAさんに電話を繋いで下さい。出産中の奥さんの容態が悪いそうです」本社女「会議中なので電話は繋げません」私「はぁぁ?タヒにそうだって言ってるのっ!」

別れた元嫁が無修正ビデオに出演していた、その末路

旦那にWフリンがバレた→私(彼への報復がすごすぎて引く…っていうか怖い…)旦那「2度目は許さないからね^^」私「わ、わかった」

ふと、僕はどう切り出したらいいのか分からなくなった。 
でも言わなければならない。「離婚したいんだ」と。 
僕は冷静に、その言葉を口にした。 
妻は大したリアクションも見せず、ただ静かに聞き返した。「どうして?」 

その問いに敢えて答えないでいたら、妻はとうとう怒りをあらわにした。 
彼女は箸を投げ散らかし叫んだ。「あんたなんか、男じゃない!!」 

512: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 13:47:06.47 
その夜、その口論のあと 
僕らはとうとう一言も言葉を交わさなかった。 
妻のすすり泣く声がかすかに聞こえた。 
わかっている。どうして僕らがこうなってしまったのか、妻はその理由を知りたがっているのだ。 
でも僕は、彼女を納得させられるような説明をとうてい与えられるはずはなかった。 
それもそのはず。僕は「ジェーン」という他の女性を愛してしまったのだ。 
妻のことは、、、もう愛していなかった。 
ただ哀れんでいただけだったのだ! 

513: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 13:48:06.00 
深い罪悪難に苛まれながら、僕は離婚の「承諾書」を書き上げた。 
その中には、家は妻に譲ること、車も妻に譲ること、僕の会社の30%の株も譲渡することを記した。 
彼女はそれをチラと見ただけで、ビリビリと破り捨てた。 
僕がこの10年という月日を共に過ごした、この女は 
僕にとってもはや「見知らぬだれか」に成り下がっていた。 
彼女が今まで僕のために浪費した、時間、労力、エネルギーに対しては、、、本当に申し訳ないと思っている。 
でも 
自分が「ジェーン」を愛しているという気持ちに、これ以上目を背けることは出来なかった。 

514: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 13:49:45.71 
承諾書を破り捨てたあと、妻はとうとう大声をあげて泣き始めた。 
ヘンな言い方だが、僕はその彼女の泣く姿を見て少しホッとしたのだ。 
これで離婚は確定だ。 
この数週間、呪いのように頭の中につきまとっていた「離婚」という二文字は、 
これでとうとう現実化したのだ。 

その翌日、僕は仕事からかなり遅くに帰宅した。 
家に戻ると、妻はテーブルに向かって何かを一生懸命に書いていた。 
夕食はまだだったが食欲など到底なく、僕はただベッドに崩れるように倒れ込み寝入ってしまった。 
深夜に一度目が覚めたが、その時も妻はまだテーブルで何かを書いているようだった。 
僕はもはや大した興味もなく、ふたたび眠りについた。 

515: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 13:50:51.82 
朝になって、妻は僕に「離婚の条件」とつきつけてきた。 
彼女は家も車も株も、何も欲しくないと言った。 
でもその代わりに「1ヶ月間の準備期間」が欲しいと言ってきた。 
そして彼女の条件は、その1ヶ月のあいだ出来るだけ「今までどおり」の生活をすること。 
その理由は明確だった。 
僕らの息子が、1ヶ月後にとても大切な試験を控えているため 
できるだけ彼を動揺させたくないというのが、彼女の言い分だった。 

それに関しては、僕は即座に納得した。 
だが、それ以外にもうひとつ妻は条件をつけてきた。 
「私たちが結婚した日、あなたが私を抱き上げて寝室に入った日のことを思い出してほしい」と。 
そして、これからの一ヶ月のあいだ、あの時と同じようにして 
毎朝、彼女が仕事へ行くときに 
彼女を腕に抱き上げて 寝室から玄関口まで運んでほしいと言うのだ。 

516: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 13:52:28.53 
僕は「とうとうおかしくなったな・・・」と思った。 
でもこれ以上妻といざこざを起こしたくなかった僕は、黙って彼女の条件を受け入れた。 

僕は「ジェーン」にこのことを話した。 
ジェーンはお腹を抱えて笑い、「ばかじゃないの」と言った。 
今さら何をどうジタバタしたって離婚はまぬがれないのにと 
ジェーンは嘲るように笑った。 

僕が「離婚」を切り出して以来 
僕ら夫婦はまったくスキンシップをとっていなかった。 
なので 
彼女を抱き上げて玄関口まで連れていった1日目 
僕らは二人ともなんともヘンな感じで、ぎこちなかった。 

517: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 13:54:36.20 
それでもそんな僕らの後ろを、息子はそれは嬉しそうに手をパチパチ叩いてついてきた。 
「ダディーがマミーを抱っこして『いってらっしゃい』するよ!」 
その言葉を聞くなり、僕のむねはきりきりと痛んだ。 
寝室からリビングへ、そして玄関口へと 
僕は妻を腕に抱いたまま10メートルは歩いただろうか。 
妻は目を閉じたまま、そっと「どうかあの子には離婚のことは言わないで」と耳元でささやいた。 
僕は黙ってうなずいた。でもなぜか、そうしながら 
心はひどく動揺していた。 

妻をドアの外に静かにおろすと、彼女はそのままいつものバス停へ向かって歩いていった。 
僕もいつもどおり車に乗り込み仕事へ向かった。 

518: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 13:56:01.45 
2日目の朝 
初日よりは少しは慣れた感があった。 
抱き上げられながら、妻は僕のむねに自然ともたれかかっていた。 
僕はふと、彼女のブラウスから薫るほのかな香りに気づいた。 
そして思った。 
こうして彼女をこんな近くできちんと見たのは、最後いつだっただろうかと。。。 

妻がもはや若かりし頃の妻ではないことに、僕は今さらながら驚愕していた。 
その顔には細かなシワが刻まれ 
髪の毛には、なんと白いものが入り交じっている! 
結婚してからの年数が、これだけの変化を彼女に。。。 
その一瞬、僕は自問した。「僕は彼女に何てことをしてしまったのだろう」と。 

519: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 13:57:27.84 
4日目の朝 
彼女を抱き上げたとき、ふと 
かつて僕らの間にあった、あの愛情に満ちた「つながり感」が戻ってくるのを感じた。 
この人は 
この女性は 
僕に10年という年月を捧げてくれた人だった。 

5日目、そして6日目の朝 
その感覚はさらに強くなった。 
このことを、僕は「ジェーン」には言わなかった。 

日にちが経つにつれ 
妻を抱き上げることが日に日にラクになってゆくのを感じた。 
なにせ毎朝していることなので、腕の筋力もそりゃ強くなるだろうと 
僕は単純にそう考えていた。 

520: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 13:58:50.55 
ある朝、妻はその日着てゆく服を選んでいた。 
鏡のまえで何着も何着も試着して 
それでも体にピッタリくる一着が、なかなか見つからないようだった。 
そして彼女は「はあ〜っ」とため息をついた。 
「どれもこれも、何だか大きくなっちゃって。。。」 

その言葉を耳にして、僕はハッ!とした。妻はいつの間にやせ細っていたのだ! 
妻を抱き上げやすくなったのは、僕の腕力がついたからではなく 
彼女が今まで以上に軽くなっていたからだったのだ! 

521: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 14:01:40.09 
愕然とした。 
それほどまで、やせ細ってしまうまで 
彼女は痛みと苦痛をむねのなかに。。。 

僕は思わず手を伸ばして、妻の髪に触れていた。 

そこに息子がやってきた。 
「ダディー、マミーを抱っこして『いってらっしゃい』する時間だよ!」 

息子には、父親が母親を毎朝抱き上げるこの光景を目にすることが 
すでに大切な日常の一場面となっているようだった。 

妻は、そんな息子にむかって「おいで」と優しく手招きしたかと思うと 
彼を力いっぱいぎゅっと抱きしめた。 
僕は思わず目をそらした。 
そうしないと、最後の最後で、気が変わってしまいそうだったからだ! 

522: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 14:03:07.46 
僕はだまって、いつものように妻を腕に抱き上げ 
寝室から、リビング、そして玄関口へと 
彼女を運んだ。 
妻はただそっと、僕の首に腕を回していた。 
そんな彼女を、気づいたら強くグッと抱きしめていた。 
そうまるで、結婚したあの日の僕のように。。。 

彼女の、それはそれは軽くなった体を腕のなかに感じながら 
僕は例えようのない悲しみを覚えていた。 

523: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 14:05:36.70 
そして最後の朝、 
妻を抱き上げたとき 
僕は、一歩たりとも歩みを進めることができなかった。 
その日息子はすでに学校へ行ってしまっていた。 

僕は妻をしっかりと腕に抱き、そして言った。 
「今まで気づかなかったよ。僕たちの結婚生活に、こうしてお互いのぬくもりを感じる時間がどれほど欠けていたか・・・」 

そして僕はいつもどおり仕事へ向かった。 
何かにせき立てられるように、とにかくここで、最後の最後で 
自分の決心が揺らいでしまうのが怖くて 
それを振り切るかのように、車を停めると鍵もかけずに飛び出し 
オフィスのある上の階まで駆け上がっていった。 
気が変わってしまう前に、オフィスへ行かなければ。早く「ジェーン」のもとへ! 

524: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 14:07:13.28 
ドアを開けるとそこに「ジェーン」がいた。 
彼女を見た瞬間、 
僕は思わず口にしていた。 

「ジェーン、すまない。 僕は離婚はできない。」ジェーン」は「はあ?」という目で僕を見つめ 
そして額に手をあてた。「あなた、熱でもあるの?」 

僕はジェーンの手を額からはずし、再度言った。 
「すまない、ジェーン。僕は離婚はできないんだ。」 

「妻との結婚生活が『退屈』に感じられたのは、彼女を愛していなかったからではなく 
僕が毎日の小さな幸せを、他愛のない、だけどかけがえのない小さな日常を 
大切にしてこなかったからなんだ。 
今頃になって気づいたよ。あの日、あの結婚した日 
僕が彼女を腕に抱いて家の中へ初めての一歩を踏み入れたあの日のように 
僕は死が二人を分つまで、彼女をしっかり腕に抱いているべきだったんだ!」 

525: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 14:08:59.21 
「ジェーン」はようやく事の次第を理解したようだった。 
そして僕のほっぺたを思いっきりひっぱたくと、扉をバタン!と閉め 
ワーッ!と泣き叫びながら飛び出して行った。 

僕はそのまま黙って階下に降りた。 
見ると、花屋が目にとまった。 
僕はそこで、妻のためのブーケをアレンジしてもらった。 
店員が「カードには何とお書きになりますか?」と聞いてきた。 
僕はふと微笑んで、言った。 
「そうだね、こう書いてくれ。」 

『毎朝君を腕に抱いて見送るよ。死が二人を分つ、その日まで...』 

その日の夕方、僕は 
妻への花束を抱え、顔に笑顔をたたえて 
家についた。 

526: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 14:10:41.49 
はやる気持ちで階段を駆け上がる! 
早く早く!妻のもとへ! 

出迎えてくれた妻は 
ベッドで冷たくなっていた。。。。 

何も知らなかった。 
僕は、何も知らなかったのだ。 
妻が「ガン」であったことさえも。 

ジェーンとの情事にうつつをぬかしていた僕は、 
妻がこの数ヶ月必死で病魔と戦っていたことに 
気付きさえしなかったのだ! 

妻は分かっていたのだ。自分がもうじき死ぬことを。 
彼女が出してきた「離婚の条件」は 
僕を責めるものではなく、僕を救うためのものだったのだ! 
自分亡き後、最愛の息子から 
僕が責められることがないように。 

527: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 14:12:04.11 
毎朝お母さんを抱き上げて優しく見送るお父さん。 
そう、そういう僕を毎朝見ていた息子にとって 
僕はまぎれもなく 
「お母さんに離婚をつきつけたお父さん」ではなく 
「お母さんを最後まで愛したお父さん」となったのだ。 

528: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 14:25:41.81 
↑2-3年前?にFacebookで有名になったお話だそうです。 
原文は英語で、日本語訳を載せてくださっていた方よりコピペしました。 

529: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 14:31:14.13 
あほくさ 
と思って読んだけど 
最後が泣けた 

530: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 14:44:02.68 
再構築切望だけど、私はこんなのごめんだな。 
そりゃ、シタへの思いやりとか、配慮とかさ、大事にしたいよ。でもこんな形で報われたくない。残り少ない人生なら、シタや子どものその後も大事にしたいけど、私だって思い切り幸せ貰いたいよ。 
こういう美談読むと、なんかモヤってして、幸せ貰いたいって望んで何が悪いこん畜生って思っちゃう。 
素直な気持ちになれないの、やっぱり私、痛んで病んでるんだろうね。 


管理人オキニの面白記事(*・ω・)ノ
帰宅すると、妻と間男がお風呂に入っていた。無意識に間男を4/5ほどボコる→警察突入。容赦ない制裁だが心の傷は残ったまま...

ICレコーダーの記録。嫁「この子が貴方の子だったらな、でも仕方ないね」ウワキ男「うまくやれよ、バレたら会えなくなる」→俺は復讐を開始した

職場不倫してたプリだけど鬼彼とホテル出たら奥さん待ち伏せしてて…私はビンタされ髪引っ張られ罵倒され…奥さんは鬼彼を連れて帰って行った

嫁さんと食事に来てたら元彼と遭遇してしまった

【復讐】仲の良いA子に急に…強カン犯にされ、クラス中が信じた結果…俺はゴミクズ以下の扱いになり、逆に人気者になるA子。

婚約者の行為直後の画像が送られてきた

家庭円満だけど…子どもが通う幼稚園のシングルパパと浮気してしまった。すごい罪悪感から涙が出そうで今朝は旦那の目を見れなかった

【修羅場】傷だらけの女の子を発見。俺「救急車とか警察とか…」女の子「それだけは!」俺「(うーん…)カツ丼つくれますか?」結果…

【黒い過去】不妊の原因が旦那にあると発覚した。当時私は33歳で子どもが欲しかったので義兄と妊活して出産した

電車で。クソ女『ずっと触ってきたでしょ!』俺「は?ずっと両手上げてたよ!」クソ女2『ニヤニヤ』駅員『ちょっと来て』俺(終わった…) → 結果…

披露宴で。新婦『みんなの前で新郎に聞いて欲しい事がある』新郎「?」私(嫌な予感…)新婦『』新郎、周り「!!」 → トンデモナイ事を暴露しだし…

嫁が女子会に行くと言ったので尾行したら間男とホテルに入るのを目撃。嫁帰宅して「浮気してもいいよ!必ず報告してね」と言ったら嫁「…」

【黒い過去】昔、バイト先の売上金を横領しまくっていた。私(お堅い国家公務員の旦那に話してみようかな~)すると・・・

16歳から28歳まで893の愛人をしていて、上の子供は彼の子供であるだろう事が私の黒い過去。そして更にそれよりも黒い私の真実は…

【黒い過去】母の再婚相手に襲われかけた。私(もうダメだ…母に話そう)→ 母「虚言癖?カウンセリングに行こう」私「……」

旦那に内緒で高級店で働いて月100万以上稼いでます。もう贅沢がやめられない。稼ぎの少ない旦那にも相手にされない主婦よりマシですよ

【修羅場】半休を取って帰宅したら、婚約者が間男と行為してた。気が動転してた俺は婚約者&間男の服や鞄などを持ち出して、すぐに間男の会社に凸した→その結果ww

【マジ修羅場】旦那の出張中に電球が切れてチカチカ→「うっとうしいから換えよう」身長150センチの私がそう思い立ったのが、運命の分かれ道でした→予想外の展開&修羅場第2幕へ!

【閲注】あちこちで悪さしてた問題児が、行方不明になった。数日後・・・

父親の不倫を発見。不倫デートの待ち合わせ場所に偶然を装って「わ~お父さんだ~偶然だねーその人誰?」女は凄い顔してたwwデートに同行。母と伯母に連絡してやったw

【閲覧注意】尊敬していた姉が、夜になると私の部屋に忍び込んできた。姉『騒いだらボールペンで目を刺すよ』私「…」 → すると姉は私に…

【後悔】18日~19日にかけて避妊なしで旦那と行為し、19日の夕方に浮気相手と56付きで行為したら妊娠。病院『排卵日は19日辺り』私(どっちの子か分からない(;′Д`)ノぇー)→その後...

大雪で電車止まって職場の宿直室に泊まって管理会社のおじさんとお酒飲んで勢いで浮気しちゃった。朝起きたら別のおじさんが隣で寝てたwww

小学4年生から育てている妻の連れ子が結婚する事になったが、嫁からとんでもなく理不尽な事を言われ唖然!こんな事で怒る俺がおかしいのか!?

【復讐】婚約者が友人とウワキ。慰謝料払ったからまた仲良くしよーぜ?wと言うので両タマ潰してやったわw

【衝撃】高校生のころ、友達のお父さんと関係をもってしまったことがある。友達が出掛けている間に家を訪ねて、お父さんを誘惑・・・

【最終報告あり】嫁「離婚して。私は兄の介護をする」嫁兄は重度障碍者で、タヒんだ嫁母がずっと介護してた。でも、俺は嫁を愛してるんだ。どうすれば?→続々と嫁母の嘘が…毒親だよ

披露宴会場で。乱入男「〇〇、〇〇はどこにいるんだ!」会場『…』乱入男「…え?」係員『その方の式は昨日です』乱入男「えっ!?」→結果…

不倫で妊娠した人いますか? ①41歳で21歳の毒男の子妊娠 ②主人には許してもらいました ③彼と一緒に病院に行ってきた ④子どもは欲しいので産んじゃおうかな…

【衝撃】実家のトイレで嘔吐する兄嫁に『オメデタですか?』と聞いたら突然青ざめた → 数日後、遭遇した兄に『兄嫁さんオメデタだって!』と話したら…

友人の結婚相手が元カレだった。私(あの男には会いたくない…理由も言えないし、式は欠席しよう)→ 友人「裏切り者!絶交だ!」その後…

【黒い過去】私は毎日旦那が仕事に持っていく水筒の中に精神科で貰った銀春3錠を粉々に砕いて入れた。 誰かが巻き込まれる可能性も高いのにその時はそんな事少しも考えつかなかった

替え玉受験で大学に入学したことよりも、その後の方が黒かった

パスポートを作りに行くと、職員『私さんだけ個室で話があります』私(なんだ)→職員『前にもパスポート作ってるでしょ?全部調べは済んでんだよ!』私「え?」→衝撃だった

従兄嫁の不倫が原因で離婚した従兄を慰めるために家に出入りしてたら、従兄元嫁に襲われて…首が限界以上に曲げられて耳の近くでビキビキ音が…

【衝撃】高校時、1人暮らしをしてオートロックを過信してたら…帰宅すると違和感があった。そのまま家を出て警察と一緒に戻ると…。

【フルボッコ】義実家は医者家系で私は三男嫁(医師)。最近、相続の話があって長男家が9割以上継ぐ事になった。医師でもなく三流大学出身の長男嫁が利益を得られる事に虚しくなったorz

私は姉の子だった。二十歳の誕生日に泣きながら真実を告げられたが信じられなかった。でも今更だし仲良く4人で暮らしてる

お互い断わる前提のお見合いだったが、お互いにその理由を告げた結果…