858: :2011/11/03(土) 21:45:15 ID:
なんかここに書いた方が良さそうなので投稿。 
ちょうど1年前の今頃の話です。 

スペック 
俺 (当時)24歳社会人 
A子 (当時)21歳学生 
B男 (当時)27歳フリーター 

俺とA子は付き合って2年。
俺は京都で社会人、A子は神戸の大学に行っている為独り暮らし。 







知り合ったきっかけはA子の地元が俺の地元と一緒で、俺が友達に軽い気持ちで紹介を頼んだ事がきっかけで、半年位メールと電話を続けて、3回目のデートでお互い両思いでどっちが告白しよう!?って時にA子から告白されますた。 

即OKして手繋いでデート。
夜景見てながら今までお互いがどれだけ好きで仕方なかったのかを沢山言い合った。 
神戸の田舎と滋賀の端で中距離恋愛だったけど好きだったから毎週土日は頑張ってA子の所まで行っていたし、 
A子もそれをとても喜んでいた。恋愛は超順調だった。彼女はその年大学卒業だから卒業したら結婚するつもりでした。 
‥‥‥‥‥とまあ、前置きはこんなカンジでw 

ある平日会社で休暇や合間を見てはいつものようにA子とメールしていた時、A子から『早く会いたいな(>_<)』というメールが。 
このメールを見て、俺は会社終わった後A子の家まで行って驚かして喜ばせようと目論んだ。 
いつも通りの時間に会社が終わり、車に飛び乗ってA子の元に向かった。 
A子の喜ぶ顔を想像してニヤニヤしながら片道2時間半の道を急いだ。 

ここからが奈落の底の始まりでした。 




865: :2011/11/03(土) 22:08:58 ID:
>>858続き 

A子の住むマンションに到着。時刻は11時ぐらい。 
エレベーターに乗りながらA子に電話。 
俺 「もしもぉ~し」 
A子 「なに?どうしたの?」 
俺 「今
どこだと思う!?」 
A子 「えっ!!?」 
俺 「A子の部屋の前!!www」 
A子 「えっ!うそっ!本当に!?」 
俺 「うん♪
ビックリした?入っていい??」 
一応何も言わずに部屋に入ったら風呂とか入ってたり、鼻ほじってたりしてたら駄目なんで、ドアを開ける前に気を利かせていつも先に連絡するようにしています。 

A子 
「ちょっと待ってね!片付けするから!」 
俺 「はいはいw寒いから早くあけてね~」 
で、少ししたらA子が顔だしてきた。
部屋はいつも通り綺麗に片付いている。
手土産のケーキやジュースを渡しながらいつもの俺の指定席にくつろいだ。 
A子が膝
の上に乗って甘えてきたのでキスをした。 
A子 「もう‥‥‥いきなり来たからビックリしたやん~」 
俺 「俺も会いたかったから許してw」 
とか話ながらA子を抱っこしてベッドに。布団をめくるとそこには‥‥‥‥ 
トランクスが。 
俺 「ん?」 
A子 「!!!!!!」
866: :2011/11/03(土) 22:11:15 ID:
初支援! 
wktk 
867: :2011/11/03(土) 22:14:55 ID:
つ④ 
868: :2011/11/03(土) 22:15:37 ID:
つ④ 
869: :2011/11/03(土) 22:16:12 ID:
悩ましいな。 
877: :2011/11/03(土) 22:47:11 ID:
>>865続き 

俺 「何これ肌着」 
A子 「あ‥‥‥‥最近寝る時に男物のトランクス履いて寝るのにハマってるのw」 
俺 「何それwww言ってくれたら俺の肌着あげたのに~wどおせコレ履いてるのバレたらからかわれるって思って慌てて布団の中隠したんだろww」 
A子 「ごめんね~(>_<)」 
ああああ‥‥この時の俺の馬鹿馬鹿!!!!orz 
勿論最愛の彼女の浮気なんて微塵も考えてなかったのですぐ信じてしまいました。 

A子 「泊
まってくの?」 
俺 「いや、明日も仕事だからすぐ帰るよ~顔見に来ただけだしね」 
A子 「そっか!
そうだよね!残念だけど仕方ないよね‥‥」 
俺 「また土曜会いに来るから我慢してなぁ(撫で撫で)」 
みたいなことしてたら突然 
ガタン!!!!ってクローゼットから音がした。
何か大きい物が落ちたような音がして思わず二人してそっちを見る。 

俺 「何の音だろ?」 
A子 「‥‥‥‥」 
クローゼットに近づいて開けようとしたが、開かなかった。
内側から閉
められてるようだった。 
俺 「あ、多分さっき落ちた荷物がつっかけになってクローゼット(引き戸)開
かなくなってるし」 
って言いながら扉をガタガタ。 
A子 「開かないならいいよ!そのままにしてて!」 
俺 「いいって♪A子一人じゃクローゼット開けれんやろ?」 
更に扉をガタガタ。
力を込めようとしたその時A子が必タヒの形相で飛び付いてきた 
A子 「あ け な い で お 願 い !!!!!!」
878: :2011/11/03(土) 22:48:35 ID:
必タヒの形相w 
880: :2011/11/03(土) 22:52:10 ID:
どこかのドラマみたいだなw 
883: :2011/11/03(土) 22:58:34 ID:
――がちゃ 
B男「ぼくドラえもん」 
891: :2011/11/03(土) 23:22:41 ID:
>>877続き 

俺 「どしたん?」 
A子 「恥ずかしい本
いっぱい置いてるの!!!!!お願い開けないで!!!!!」 
A子号泣。 
俺 「恥ずかしい本ってwwwそんなんで泣くなよ~大袈裟なんだから。そんなんで嫌いにならんよ!」 
俺笑
いながら扉に力を込めた。 
ガタァン! 
開けたクローゼットの中には悲壮な顔をした全ネ果の男が。。。。 

俺 「(゚Д゚)」 
A子、しゃがみこんで号泣。 
男 「あ‥‥‥‥(5秒)すみません‥‥‥‥(5秒)初めまして」 

俺の思考は停止した。 
号泣する彼女と全ネ果の男を交互に見てやっと答えが導き出せた瞬間、俺は男を殴り飛ばしてしまっていた。 
俺 「A子、説明して」 
A子 「違うの違うの違うのおおぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!私知らない!勝手に入りこんでた
!!!!」 
男 「ふざけんなよA子!!!!」 
男がうざかったのでまた殴ったら静かになった。で、無理矢理男を引きずってA子の横に座らせる。 

俺 「A子、浮気してたの?」 
A子 
「‥‥‥‥」 
俺 「ちゃんと話して?浮気相手が部屋にいるのに俺とイチャイチャしたの?」 
俺、すげー笑顔だったけど内心グチャクチャでタヒにそうだった。 
A子 「
してない!こんな人知らない!」 
A子はずっとこんな調子だったので男の話を聞くことに。
男はB男って名前だと名乗
りました。 
B男 「A子と同じバイトしてA子とは知り合った。3ヶ月前にA子から告白してきて彼氏とは半年前に別れたって言われたから付き合
ったんですけど。」 

俺、絶句。 
A子、B男を平手打ち。 
A子 「なんでそんなこと言っちゃうの!!!!!!」 
892: :2011/11/03(土) 23:23:58 ID:
A子のアホップリにwktk私怨 
896: :2011/11/03(土) 23:28:16 ID:
B男もよく素直にクローゼットに隠れたな 
897: :2011/11/03(土) 23:30:30 ID:
>>896 
隠れたというより、有無を言わさず押し込まれたんだろう。 
自分から隠れたならトランクスくらい履くだろうしな。 
901: :2011/11/03(土) 23:33:07 ID:
途中でチャチャ入れて悪いが 
B男も騙されたクチならわざわざクローゼットに隠れる必要なくね?w 
堂々と「どういう事だよ」とキレていい立場だと思うんだが 

つ④ 
905: :2011/11/03(土) 23:35:34 ID:
>>891続き 

A子、泣きながら俺に謝ってきた。
袖口引っ張って「裏切ってごめんなさい~もうしません~えぐえぐ~」みたいなカンジ。 
B男も泣き出した。
「どういうことだよA子!!
俺信じてたのに~(うんちゃらかんちゃら)」 
どうやらB男も可哀想な男のようだった。

なんと彼女は俺とB男両方と付き合ってましたorz
平日がB男で土日が俺。みたいな。 
ちなみにB
男は実家住み&土日と平日の夜~朝は基本バイトだったから俺と今まで被らずに上手いことやってけたみたい。 
彼女は4回生だったから基本授業もなく1日中暇みたいなもんだ。(バイトは週3で昼~夕方間) 

事実全部聞かされてもう笑うしか無かったです。必タヒに働いてクタクタになって帰ってきて、土日も本当なら体を休めたいがA子が喜ばせたい為にいつも会いに行ってたのに、裏切られていた。 
俺 「で、A子はどうしたいの?」 
A子 「ごめんなさい‥‥‥B男と付き合います。」 
俺 「(゚Д゚)」
909: :2011/11/03(土) 23:38:38 ID:
> A子「ごめんなさい‥‥‥B男と付き合います。」 

この展開は予想外だわw 
907: :2011/11/03(土) 23:36:09 ID:
wktk支援 
910: :2011/11/03(土) 23:41:40 ID:
B男と付き合うってお前に選択権あるのかとww 
912: :2011/11/03(土) 23:45:16 ID:
斜め上ktkr 
913: :2011/11/03(土) 23:49:26 ID:
これだけのことしでかして 
選択権は女にあるわけか・・・ 

アホだな女って 
914: :2011/11/03(土) 23:50:08 ID:
あ、B男をクローゼットに隠したのはA子ですw 
「元カレから連絡きた!彼、本当にキチだからあんた見たらころしかねないからとりあえず隠れて!復縁をせまられて困ってるの!」と言ったらしい。ハァ。
 

>>905続き。 

俺 「B男と?」 
A子 「アンタと別れるんは本当に嫌‥‥‥でも土日しか会えなくて寂しい思いをして一人で苦
しむのも嫌‥‥‥‥えぐえぐえぐ~ 
B男は、そんな時に癒してくれた。まだアンタの方が好きだけど、B男の方をこの先愛していく‥‥‥ごめんなさい。今さっきやっと決心つけた‥‥‥」 
俺がブチ切れようとした瞬間、B男がブチ切れた。 

「お前、ふざけんなや遊び女がぁぁ!!!(ちゃぶ台蹴る)なんでお前が選ぶ権利あるん?間違ってない?それとこの人(俺ね)まだ付き合ってたとか
最低やん!!!! お前みたいな遊び女女聞いたことない!俺が今まで信じてたもの何やったん!?全部嘘かよ!答えーや!ダボクレがぁ!!」と、物凄い勢いで関西弁で怒鳴りだした。

A子はビクッと体を震わせた。 
俺もちょっと怖かったorz
915: :2011/11/03(土) 23:52:04 ID:
B男の株が急上昇 
916: :2011/11/03(土) 23:53:44 ID:
B男が殴られたのがかわいそうになってきたw 
A子終わってるな 
917: :2011/11/03(土) 23:54:21 ID:
B男もしばらくおとなしく隠れてたのは状況把握できなくてぼーぜんとしてたのかな。 
925: :2011/11/04(日) 00:16:35 ID:
>>914続き 

B男 「遊び女タヒねばいいのに。バイトのみんな明日からお前の敵だから」 
そう言われてA子はガタガタ震えながら謝る。その間B男は服を着ていた。 
B男 「いきましょ。未練ないでしょ?」 
俺はB男に腕
を捕まれて引っ張られながらA子の部屋を出た。
A子は追いかけてはこなかった。 

B男曰く、クローゼットに隠れながらA子が危なかったら飛び出そうと思っていたらしい。が、A子の口振りといい俺の態度といい、自分が浮気相手であると悟ってしまったらしいです。 
悟った瞬間気付いたら号泣してたらしい。
そしたら腕が扉に当たってしまって音がでてしまったとな。 

二人で「女ってなんなんだろー」とか言いながら夜の道を歩いた。B男は泣きっぱなしだったから俺は泣けなかった。会話してみると本当に優しそうな奴だった。 
そしたら俺の携帯に電話が。A子だった。 
俺 「‥‥‥」 
A子 「‥‥‥‥」 
俺 「切るよ」 
A子 「待って!待って!ごめんなさい!B男とは縁をきる!バイトも辞める!」 
俺 「うん」 
A子 「
いままで(俺の名前)に尽くして貰ってた事全部思い出したの。本当に私が馬鹿だった。。。 もう一回スタート地点に戻りたい。お願い。チャンス頂戴(ずびずびえぐえぐ)」 
俺 「無理」 
プチッ 

即着信拒否に設定。すると30秒後、今度はB男に着信が。 
B男、電話にでた瞬間「俺も無理!」プチッ。 
B男もすぐにA子を着信拒否。 
二人で目を合わせて少しだけ笑いました。
926: :2011/11/04(日) 00:18:01 ID:
>>925 
こんなとこで友情がw 
927: :2011/11/04(日) 00:18:19 ID:
まぁこの後B男と色々話して殴った事は謝り、お互いに嫌味を言い合って、次にA子の悪口言って(またB男号泣してたけど)朝まで話した。 

そして1年経った今でもイイ友達だ。 

あとA子は俺達の他にもキープ君がいたらしく、俺達と別れた後すぐに彼氏できてたらしいwで、妊娠して堕ろしたという噂を聞いた。 

俺はもう女はこりごりですorz結婚もしなくていーやw 

なんかみなさんと比べたら全然修羅場じゃないですね、すみません。 
以上失礼しました。
929: :2011/11/04(日) 00:20:36 ID:
乙です 
A子どこまでも最低だな 
930: :2011/11/04(日) 00:21:00 ID:
>>927 
いい兄弟ができたんじゃないか。 
B男と出会えたきっかけをくれたことだけはA子へ感謝だな。 
933: :2011/11/04(日) 00:22:30 ID:
>>927 
お疲れ 
長く付き合えそうな友達できてよかったね(^ω^) 
937: :2011/11/04(日) 00:24:25 ID:
充分修羅場です。 
お疲れさまです(´・ω・`) 
でも女はそんなのばっかじゃないよ。 
今回外れただけだって。 
次回はもっともっといい恋愛できるよう祈ってます。