801: :2011/10/31(水) 16:07:14 ID:
ちょっと昔の話書いてみる。 
俺男 当時20 大学生 クラブの寮生活 
彼女子 当時18 高校卒業後プー 実家暮らし  

金助 当時22 大学生 かなりの金持ちらしい マンションに一人暮らし 
金美 当時18 大学生 彼女の親友 俺とも友達 実家暮らし 

ガキンチョの頃からずっとあるスポーツに打ち込んできた俺は、高校の全国大会でも 
まあまあの成績を収める事ができ、関東の大学に推薦で入学しクラブの寮生活を始めました。 







入学してすぐ俺を高校の頃からずっと応援してたと言う女の子がたずねてきました。 
そのクラブには、結構全国的にも有名は選手が他にたくさんいて、女の子がたずねて来る事は多々あったんですが、入学したての1年生に来ることは稀で、ましては俺は初めての経験だったのでドキマキしてしまいました。
可愛かったので、なんやかんやで付き合ってみることにしました。
それがまだ高校生だった彼女子との出会いでした。 

俺は高校までクラブに打ち込んでまじめでチェリ男で、彼女子が初めての相手でした。。 
彼女も初めてだといってましたが真偽の程はわかりません。 
俺が試合の時は彼女子は必ず応援に来てくれてましたし、彼女の家にも遊びにいったりして交際は順調に進んでいきました。 
彼女子の両親とも仲良くなり、俺はうっすらとこのまま結婚するのかもなって若気の至りで考えたりしてました。 

2年位して彼女は高校を卒業して進学も就職もせずプー太郎をしていて 
「俺男と一緒に住みたい」とか、「家を出たい」と言う様になりました。 

そしてその頃から、携帯に電話しても繋がらないことが多々あったりデートをキャンセルされたりするようになりました。 

彼女子は
「俺男をと一緒に住みたいから、アパートを借りたくてバイトを始めた」との事。 
当時ホテル代も馬鹿にならなかったので(猿でした・・)素直に納得し、バイトでも仕事をする事は良い事だと思い応援する事にしました。 
仕事は、実家近くの喫茶店だということです。 

長くなってしまいした。続けていいですか? 



803: :2011/10/31(水) 16:11:00 ID:
そうこうしているうちに、彼女の親友の金美から突然連絡が入りました。 

金美 「俺男、最近彼女子と会ってる?」 
俺 「んにゃ、あんまり会ってないよ。あいつバイトしてるやろ。」 
金美 「バイトって喫茶店の事?とっくに辞めたよ!」 
俺 「・・・・!」 
金美 「家にも
帰ってないらしいよ。」 
俺 「嘘やろ・・・」 
金美 「
ホントだってば!そいでね、私の彼氏と浮気してるかも知れんし。っていうか絶対してるしっ!」 
金美 「俺男!証拠つかむの手伝ってよ!」 

金美によれば、彼女子と金美は同じ喫茶店で一緒にバイトしてたらしい。そこで同じくバイトしている金美彼(以下金助)と彼女子は知り合ったらしい。 

最初は3人で仲良く食事にいったり、遊びにいったりしていたが、金美は大学があるので あんまりバイトの時間は増やせない。
プーの彼女子と大学4年で授業もあまりない金助はバイト先にいりびたりで、彼女子と
金助は急接近し、どうやら二人だけで会ってたらしい。 
それどころか、もう一緒に住んでいるのではないかとの噂。 
(違うバイトの子からいろいろ聞いたとの事) 
金美は
金助に問い詰めたが、彼女子とはなんでもない。の一点張り。 

じゃあ、これからマンション行ってもいい?って聞いたら、 
卒論の資料とかが散らかっているから絶対にくるな。との事。あやしい。
806: :2011/10/31(水) 16:15:19 ID:
wktk 
支援age 
807: :2011/10/31(水) 16:16:24 ID:
金美にしたら、彼女子の行動は面白くないので当然文句を彼女子に 
以下金美から聞いた話。 
↓ 
金美 「彼女子、金助と二人だけで会ってるってホント?」 
彼女子 「えっ、誰からきいたの?」 
金美 「誰だっていいでしょ!ホントなの?」 
彼女子 「バイトが終わってゴハン食べたりしてるだけだよ。」 
金美 「ホントにそれだけ・・・彼をのマンションとか行ってない?」 
彼女子 「・・・・ごめん、最近、親とうまくいってないから泊めてもらったりしてる。」 
金美 「・・・・!!」 
彼女
子 「時々泊めてもらってるだけなの。それ以上はホントに何でもないの!」 
金美 「彼女子、親友の男と浮気なんて・・・私に悪いとかは思わないの?」 
彼女子 「ホントに
何でもないの・・・信じて金美!」 
金美 「信じられるか!俺男は知ってるの?」 
彼女子 「・・・お
願い!絶対俺男には、黙ってて!」 
金美 「それなら、もう金助とはぜったい会わないで。バイトも辞めて!」 
とかなんとかのやり取りの後、金美は彼女子と絶交。
彼女子はまもなくバイトを辞めたそうです。
808: :2011/10/31(水) 16:19:30 ID:
支援 
809: :2011/10/31(水) 16:22:59 ID:
金美は、金助を絶対怪しいと思いつつも別れたくなかったのと、証拠が無かったので付き合いを続行してましたが、どうやら彼女子と金助はまだウラで付き会いを続けていると感じていたそうです。 
相変わらず、金助マンションにはあまり入れてもらえなかったし、会ってる間も頻繁にメールが来ていたそうです。 

俺の知らない所
で、そんな事になってたなんて・・・orz 

俺は、たまらず彼女子に電話してみましたが繋がりません・・・ 
彼女子の実家に電話してみました。彼女母がでました。 

俺 「ご無沙汰しています。彼女子いますでしょうか?」 
彼女母 「えっ!彼男君と一緒に暮らしているんじゃないの?」 
俺 「・・・?一緒じゃないですよ・・・」 
なんでも、彼女母の話では、高卒後ふらふらしている彼女子に、彼女父が文句を言い出し(当然だ) 
彼女子が怒って家を出たらしく。携帯に連絡しても出ない。 
時々向こうから連絡がある位だと。(今思えばこの親もなんだかなあ) 

そして、彼女子から俺男と一緒に暮らしているから心配するなと連絡
があったそうです。 
彼女母 「じゃあ、彼女子はいったい今どこにいるんでしょうか?」(おいおい) 
俺 「心
当たりがありますので、わかったら連絡します。」と言い電話を切りました。
いったいどうなってるんだと落ち込んでたら、彼女子から着信。 

彼女子 「俺男電話くれたぁ~なに~?」 
俺 「えっいや、なんでも無いんやけど、どうしてるかなっと思って」(多少ファビってたかもしれません) 
彼女子 「バイトがんばってるんだよ~はやく俺男と一緒に住めるように・・」 
俺 「最近あんまり会ってないなぁ」 
彼女子 「彼女子も会いたいけど、俺男のために頑張ってるから我慢して・・
・」 
俺 「そうか、頑張れよ
。またメールするよ。」 
(この時、俺の中で別れが決定しました。あまりにシャアシャアと嘘ついてたんで) 

俺は金美と待ち合わせの場所には俺と金美、それになぜか彼女子の父親がいました。 
決行の日の夜、 
マンション凸を決めました。
810: :2011/10/31(水) 16:24:23 ID:
支援 
811: :2011/10/31(水) 16:28:38 ID:
いいね!読みやすいし 
すこぶるwktkだ! 
812: :2011/10/31(水) 16:29:48 ID:
彼女父は俺が彼女子の居場所がだいたいつかめたと連絡したら、自分が行って連れ戻すから教えてくれって言いましたが、金美との約束もあるのでそれは困ると。 
そして、一緒に凸することになった訳です。 

金助のマンションはこざっぱりとした良いマンションでした。
たぶん実家が金持ちなんでしょう。 
汚い寮の6畳に部員と二人で生活している俺のテンションがだいぶあがりました。 

こっそり部屋の前に来て様子を伺います。(二人が部屋にいるのは確認済みです) 
念のため、彼女子にメールしてみました。 

送信 〔なにしとる?〕かすかに彼女子の着信音が聞こえます。 
着信 〔いまから寝る所
だよん。おやすみ。〕 
送信 〔いま実家?〕 
着信 〔そうだよ。
ごめん。眠いから寝る。明日メールするね。〕 

しばらくして凸です。(寝込みを襲う事にしてあった) 
金美が合鍵でカギ
をゆっくり開けます。そおっとドアをあけます。 
チェーンロックはかかっていませんでした。 
(余談ですが、チェーン対策もしてました。金美が油圧カッターを持ってきてました) 
金美がそうっと入って中の様子を伺います。俺と彼女父は外で待機。 

すると、突然金美の叫び声が聞こえました。 
「信
じらない!!!」 
俺も中に飛び込みました。声のする部屋へ行ってみました。 
そこには、騒ぎたてる金美と唖然としている彼女子と金助(俺は初対面)がいました。 
そして、彼女子と金助は全ネ果のようです。(布団はかぶっていた) 

彼女子 「俺男!なんで・・・?ふじこ、ふじこ・・・」 
金助 
「誰だよ・・・?ふじこ、ふじこ・・・」 
泣き叫ぶ金美。 
俺 「彼女子、お前なにしてんだよ!」 
彼女子 「違うの、これは違うの・・・えっ、お父さん・・・?」 
そのとき彼女子は初めて父親の存在に気がついたみたいで、さらに混乱したようでした。 
彼女父 「とにかく服を着なさい。情けない・・・馬鹿たれが・・・」彼女父は泣いていました。
815: :2011/10/31(水) 16:35:31 ID:
今まさに関係しようとしていた所に金美が飛び込み。
ついで俺と彼女父が飛び込んで来た訳です。 
そりゃ驚きますよね。そして、服を着せて話を聞きました。 

彼女子の話(良い訳) 
仕事もせずにぷらぷらしていて、父親に怒られて家に居たくなかった。 
俺男と一緒に暮らしたかったが、俺男は寮生活なので寂しかった。 
そんなときバイト先の金助と仲良くなって家に来れば誘われた。 
家に居させてもらっているので、お礼に関係もした。
金助には恋愛感情
はない。 
ホントは好きなのは俺男なので、これは浮気じゃない。俺男と結婚したい。 

金助の話(良い訳) 
彼女子が困っているので、助ける気持ちで家に住まわした。 
俺には金美がいるので彼女子には恋愛感情はないが、 
可愛いのでつい関係してしまった。避妊はしてた。 

俺 「俺に対する謝罪はないのか?彼氏がいるのしってたやろ。」 
金助 「さびしくさせる方が悪い。自由恋愛だ。」 
とか、斜め上から話してきたので。 
俺 「お前。最低やな。わかった。どんなことしてもお前はつぶす。」 
俺 「だいたい親
の承諾なしで、未成年と同棲して良いと思ってんのか? 下手すると誘拐だぞお前。監禁だぞ。ねぇお父さん?」(根拠はありません。ハッタリです) 
彼女父 「・・・ウム。」(よくわかってなかったと思う) 
金助 「・・・・。」 

俺 「お前の態度が許せないから、法的にお前を犯罪者にしてやる。」(もちろんハッタリ) 
俺 「徹底低にやるからな・・・覚悟しとけ・・・」 
金助 「・・・・すいません。許してください。俺男さん(土下座)申し訳ございませんでした。」 
俺 「あほか、俺に謝
ってどないすんじゃい。お父さんに謝らんか!大事な娘をおもちゃにされたんやぞ!」 
金助 「お父さん。申し訳ございませんでした。(土下座)」 
俺 「ちょっと、頭が高いんちゃうか?」 
俺は金助の頭をふんずけて床に押し付けました。(DQNですね)
816: :2011/10/31(水) 16:38:30 ID:
しえーん(・∀・)! 
817: :2011/10/31(水) 16:40:51 ID:
>金助「お父さん。申し訳ございませんでした。(土下座)」 
↑コイツにお父さんだなんて呼ばれる筋合いないよなw 
818: :2011/10/31(水) 16:41:26 ID:
俺的にはこれでスッキリしたんでこれで終わりにしました。 
俺 「お父さん、帰りましょう。」 
彼女父 「ああ、そうだな。彼女子帰るぞ!」 
彼女子 「・・・はい。」もう、呆然としていました。 
俺 「金美はどうする。」 
金美もあっけにとられて、様子を伺っていましたが、 
「疲れた。
私も帰る。もういいや別れる。」と言い、俺たちと一緒にマンションを後にしました。 

その後は、彼女子からも、彼女父からも交際の継続を懇願されましたが、丁重にお断りしました。 

金美も金男と別れたので、俺とちょっとだけ付き合いましたが、すぐに別れてしまいました。 
金美と付
き合っているという噂を聞いた彼女子が自害未遂したと自分で電話欠けてきたりメールを送ってきたりしましたが、適当にあしらいました。 

これで終わりです。長文すいません。
819: :2011/10/31(水) 16:43:19 ID:
お疲れふじこ! 
820: :2011/10/31(水) 16:43:22 ID:
乙! 

> 金美と付き合っているという噂を聞いた彼女子が自害未遂したと自分で電話欠けてきたり 

これ詳しく聞きたいかもw 
自作自演ということか? 
825: :2011/10/31(水) 17:02:51 ID:
>>820 
あんまり相手しなかったんで、よく覚えてないですが、 
彼女子 「俺男ぉ~~。さっきカットした。」 
俺 「へぇ~大変やね。」 
彼女子 「冷たいね。ほんとにタヒんじゃうから。・・・」 
俺 「タヒぬタヒぬ言ってる奴は、タヒなんよ。」 
彼女子 「本気なんだから・・・!」 
俺 「わかった、わかった。お父さんとお母さんによろしく。じゃ、俺いそがしいから。」 
こんな感じでした。
一応後で、金美を通じて無事を確かめましたが、 
全然たいしたことなかったらしいですよ。 
823: :2011/10/31(水) 16:44:55 ID:
乙ですた 

金助の頭の感触はどうでしたか? 
825: :2011/10/31(水) 17:02:51 ID:
>>823 
うりうりって感じで床にこすり付けてやりました。
824: :2011/10/31(水) 16:45:27 ID:
乙 
親が事前に警察に相談してれば、金男を逮捕できたのにね。 
どこの県でも未成年者を連れまわしたり、監禁したりは条例あたりに引っかかるからな。 
825: :2011/10/31(水) 17:02:51 ID:
>>824 
そうすればよかった。当時は、いっぱいいっぱいでした。 

それでは、名無しに戻ります。支援ありがとうございました。
 
829: :2011/10/31(水) 22:01:39 ID:
俺、体育会系のヤツって大嫌いなんだけど、>>801には正直好感が持てた。GJだぜ。 
830: :2011/11/01(木) 01:01:43 ID:
乙 
頭踏むだけでよく我慢した。 
サッカーボールキック炸裂させたかったろうに。 
832: :2011/11/01(木) 09:30:26 ID:
親父の存在感の薄さが泣けるwww 
833: :2011/11/01(木) 11:08:25 ID:
まあ大抵の父親にしてみれば娘のことって別格だもんな。 
手塩にかけた娘のいきなりそんなとこ見ちゃったらなあ…。