2: 匿名 2014-03-21 00:53:34 
共働きの我が家は毎日お互いの帰りも遅く、
結婚1年目にして夫が浮気していることも
薄々知っていました。

夫は知らん顔を通していますが、助手席に
落ちている長い茶髪や、見慣れない飴の包み紙。
不自然にロックのかかった携帯や、私のとは
違う香が仄かに漂うスーツの上着など、
完全に怪しい証拠が山ほどあります。

しかし何を問い詰めてもしらばっくれるか、
逆切れして言い訳しかしない夫に愛想も尽き、
慰謝料を貰って離婚しようと今は不倫夫を
泳がせていたところ、ある土曜日の午後、
友人とのランチから帰宅してみると、
何と家の中で不倫行為の真っ最中でした。



3: 匿名 2014-03-21 00:53:44 

アパートの玄関に見慣れないサンダルが
脱ぎ捨ててあり、奥からは女の喘ぎ声まで
聞こえてくる始末。
このまま現場に乗り込むことも考えましたが、
また逆切れされたり、最中の女の裸を
見るのも嫌だったので、とりあえずささやかな
反撃をすることに決めました。

ガチャンと鍵を開けても気が付かない行為に
ご執心な二人に気づかれないよう、そっと
家の中に入ると、玄関に脱いである女の
サンダルの片方を外へ投げ捨てました。

そして、入り口付近のお風呂場の脱衣所に
脱ぎ捨ててあった女のパンツを持っていた
コンビニの袋で摘み、脱衣所の横のゴミ箱へ
入れて、上から持っていたコーラを
たっぷりかけて、再び家を出ました。

4: 匿名 2014-03-21 00:53:50 

家の扉の横で待つこと30分、やがて
女の悲鳴に似た叫び声が脱衣所から上がりました。
夫も何が何だか分からず大騒ぎ、その声を
聞いたらすっきりしたので、そのままこっそり
階段を下りて、電車に乗り再び街へ戻って、
一人で祝杯をあげたことは言うまでもありません。

夜、帰宅した私に夫は
疑いの言葉を言うこともせず、無言の抵抗。
部屋に女の匂いがする、と私が言うや、
そそくさと逃げるようにアパートから出て行きました。

その後、夫は貯金も無く、
逆に借金があることが発覚したので、
慰謝料は請求せず離婚しました。
ようやく浮気夫から解放され、今は
悠悠自適な一人暮らしを満喫しています。


7: 匿名 2014-03-21 00:54:43 

8: 匿名 2014-03-21 00:59:36 
仕返しがささやかすぎて残念だわ

9: 匿名 2014-03-21 01:02:33 
コーラかける程度じゃ全然仕返しになってない